FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
旅行3日目
2019年11月15日 (金) | 編集 |
3日目は、まず会津ローカル列車に乗りました。出発は湯野上温泉駅。瓦葺の屋根がいいですね~

湯の山温泉駅

車窓からの景色です。紅葉が進んでいました。

列車からの景色
列車からの景色2

到着したのは芦ノ牧温泉駅。ネコの駅長で有名みたいですが、写真撮影は出来ません。以前フラッシュを浴びて目が悪くなったからだそうです。ケージの中にいました。

芦ノ牧温泉
芦ノ牧温泉駅

次は昔ながらの宿場が残る大内宿。

大河内宿2
大河内宿

お昼は「こめや」さんでいただきました。

こめや

店内はこんな感じ 早かったから空いていたけど、出るときは順番待ち状態でした。

店内

お品書き

おしながき

ネットで見たねぎは曲がっていましたが、ここのは真っすぐでした。すごく食べにくかったけど、一応挑戦しました。

ねぎそば

最後の観光は「塔のへつり」です。へつりとは、渓谷の事だそうです。

塔のへつり看板

へつりの漢字が難しいです。

塔のへつり 看板

不思議な岩の形です。

塔のへつり

この橋を渡りたかったけど、時間がなくて泣く泣く諦めました。最後の観光だから後10分延長して欲しかったです。

塔のへつり 橋

名残惜しさを感じながら羽田に向かいました。全工程行けましたが、前日の雨で7時の時点では 行く予定の場所が全部通行止めでした。50分に出発して行きながら徐々に解除されたようです。

晴れ女の私にしては、少し雨も降ったので不本意ですが ケーブルカーといい、通行止めも解除になり 奇跡に近い旅行でした。

スペインの彫刻を見た時は、さすが違うと思いましたが、日光東照宮は負けていません。

出来れば、個人で又ゆっくり見に行きたいです


会津「五色沼」と「土津神社」
2019年11月10日 (日) | 編集 |
旅行2日目は会津を周りました。

最初に あだたら山ロープーウェイに乗って紅葉を見ましたが、残念ながら霧でほとんど見えませんでした。写真もほどんと撮れていないのでアップなし

でも、まだ乗れて良かったです。私たちの後からは強風で中止になったそうです。景色はよく見えなくても 二度と行くことないかもしれませんからね

それから裏磐梯五色沼に行きました。

五色沼説明

季節によって湖の色が変わって見えるみたいです。幸せを招く鯉がいると聞いて、必死に目を凝らしましたが見つけられませんでした。

裏磐梯五色湖
裏磐梯五色湖2

こんな鯉みたいです。 見えにくいですが、お腹の所にハートのマークが見えます。

幸せを呼ぶ鯉  

お昼は、桧原(ひばら)湖ちかくのレストランで「桧原わっぱ飯」をいただきました。これはオプションで1700円

檜原わっぱ飯

ロープーウェイで気分が悪くなったご夫婦は、食事もほとんどせず この後の遊覧船にも乗らず休憩されていました。

私は酔い止め飲んでいたから大丈夫でしたが、飲んでなかったら真っ先に気分が悪くなったと思います。

いい写真がなかったからアップしませんが、桧原湖を30分かけて遊覧しました。紅葉も進んでいて綺麗でした。

最後に土津(はにつ)神社に行きました。

土津神社説明

保科正之・・・名前は聞いた事あるような?地理も歴史も疎うございますm(__)m

土津神社 案内

ここは狛犬ではなくカエルがお出迎えします。

土津神社 カエル

御朱印をいただき拝殿でお参りしました。すごい達筆です。5百円とちょっと高いかな・・・

土津神社 御朱印

土津神社

霧、小雨をもろともせず、全工程行けて良かったです


日光東照宮
2019年10月31日 (木) | 編集 |
日光東照宮に行きました。2泊3日の旅行の初日です。

東照宮の手前にある神橋(しんきょう)も有名みたいです。

神橋

個人で行ったら是非ゆっくり歩いてみたいです。

神橋2

東照宮入り口・・・葵の紋が光ります

東照宮入り口

有名な猿の彫刻がある神厩舎(しんきゅうしゃ) 

神厩舎・三猿

表と横に8枚の猿の彫刻が飾ってあり、人間の一生を風刺しているそうです。

一番左は遠くをみる母猿を子猿が覗きこんでいます

正面 一番左のさる

2番目が有名な「見ざる、聞かざる、言わざる」・・・幼少期は良いものだけを受け入れなさいという教え

見ざる言わざる聞かざる

3番目・・・独り立ちしようとしている姿

正面3番目のサル

4番目・・・青年期を表しています

正面4番目のサル

右端・・・挫折を乗り越えて行こうとする姿が暗示されています。

正面 右端のサル

横の面・・・恋に悩んでいる様子

中央のサル

夫婦で荒波を乗り越えている様子

上 左ののサル

お腹の大きな猿・・・子供が生まれると又子供時代に戻ります

右のサル

見ざる、言わざる・・・しか知らなかったけど、こんな物語があったんですね。

輪王寺

輪王寺

ここで住職のお話を聞き、厄年の表を見せてもらったら 私も主人も来年が良くなかったので「鬼門除札」を買いました。3千円とちと高かったけど、二人分の厄を払ってもらうと思えば

輪王おまもり2
輪王おまもり

もう行くことはないかもしれないのに、御朱印帳を忘れました 紙でいただいた輪王寺の御朱印はこちら 凄い達筆です。300円でした。

日光東照宮 御朱印2

唐門・・・全体が胡粉(ごふん)で白く塗られ、細かい彫刻がされています。

唐門 全体

彫刻のアップ・・・凄いの一言です。

唐門

陽明門・・ずっと見ていたいほど素晴らしい彫刻です。

陽明門 上部

彫刻のアップ

アップ

東照宮の御朱印・・・ここは御朱印持っていったたら20分かかったので、紙でよかったかも。一人別行動しなきゃいけなかったでしょう。この御朱印は500円

日光東照宮 御朱印
150分の予定でしたが、何故か120分でした。この日の観光はここだけだったし、そんなに道も混んでなかったのに・・・

撮影禁止のところがどこだったのか覚えていませんが、見てないところもあるので 今度は個人で行ってみたいです。


「蜜蜂と遠雷」も面白い
2019年10月06日 (日) | 編集 |
立て続けに映画を観に行きました。「蜜蜂と遠雷」

本で読んでいましたが、これを映画にするのは難しいだろうと思っていました。

実際にピアノを弾く人たちが、ただ弾けばいいだけじゃなく 登場人物の世界観を出さなければいけないからです。

役者の方たちは、昔と違って 割と本当に弾いている感じの演技でした。

カデンツァの部分で4人の違いは出ていたと思います。

前日にNHKの「ららら♪クラシック」で特集を見ました。

映画で出てくる水筒は、演奏している川村さんの普段の生活から監督が取り入れたそうです。

マサルも名前が書かれた水筒を持っていたのは印象的でした。

亜夜のお母さんにレッスンを受けていた小さい時の映像もあれば良かったけど、映画では習っていたという説明だけになってます。

テレビで「春と修羅」の亜夜バージョンを全部聞けて良かったです♪ 最初は私でも弾けるレベルなのが、川村さんも言っていたけど、カデンツァはとんでもないです    明石バージョンなら弾けるかな?

2時間でまとめてあるから細かいところは端折ってあるけど、クラシックに興味がない人でも楽しめる映画だと思います。


「記憶にございません」は記憶に残る?
2019年10月02日 (水) | 編集 |
久しぶりに映画を見に行きました。軽い気持ちでレビューの評価が高い「記憶にございません」を

感想は、映画を観ながらこんなに笑った事はありません 

丁度 増税初日で、映画の中で「消費税は上げず、法人税を上げろ!」と言う場面がありました。まさに そうです。

政治家は面白い映画だと笑って済ませるのではなく、考えて欲しいです。

豪華な俳優さん、皆さん素晴らしかったです。

ブロンドのニュースキャスターが、気だるくニュースを読む場面がちょこちょこ出てきますが、最後の場面で「まさか、あの人?」とわかりました。すごい変身です。

映画館で笑って ストレス発散にもなりますよ。これはお勧めの映画です。

追伸・・・夢タウンで食事しましたが、この日から10%になりレシートを見て増税を感じました