その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
「アリス紗良オット」ピアノコンサート♪
2016年09月28日 (水) | 編集 |
アリス紗良オットのピアノを聴きに行きました 2日前に日本に来たばかりで熊本を皮切りに10か所演奏されるそうです。

私はあまり彼女の事を知らずに行ったのですが、1曲目でファンになりました。1部はグリーグの抒情小品集とバラードOP24とオールグリーグの曲

演奏の前にマイクを持たれ、「普通は喋らないのだけど」と言われたので地震に付いてかな?と思ったら、グリーグに対する気持ちでした。彼女にとってはグリーグの曲がリラックスできるようです。

「みなさんもリラックスして聴いて下さい」と言われたけど、知らない曲ばかりで眠くなるどころか ずっと彼女の演奏に引き込まれました。

1時間近く 途中で席を立つ事なく演奏されましたが、観客もじっと聴き入っていました。途中で来た人は座れなかったでしょうが・・・

数多いピアニストの中で何故注目されているのか?美人だからもあるでしょう。スタイルも良く モデルでも通用しそうです

1番は当然ですが演奏でしょうね。音がすごくクリアーで、あの細い腕のどこからパワーが出るのかというくらいダイナミックな演奏。かと言って小さな音もすごく綺麗でした。

休憩時間に最新の「ワンダーランド」のCDを買いました。グリーグの曲を聴きたかったから

小品と言っても技巧的な物もあり、今の私に弾けるのはゆっくりした曲だけかな? 聴いて楽しみます

休憩時間の15分で調律されていました。何か気になる音があったのか?2部がリストだから何かを変えられたのか?

そして現れたアリスさんは黒の衣装でした。1部が優しいイエローでしたから 観客も思わず感嘆の声を出していました。

そして、照明もピアノにだけ当てた演出。暗いと目は鍵盤だけに行くし 聴く方も音に集中します。すごく難しいリストのソナタを見事に弾いてくれました。私の大好きな曲だけど、難しいし 大曲なのであまりコンサートで弾かれません。

アンコールはグリーグのペール・ギュント組曲から「山の魔王の宮殿にて」

私は連弾で弾きましたが、後半だんだん速くなるところも難なくさらっと弾かれました。

CDを買った人にはサイン会があるので終わって急いで並ぶと、早かったからよかったけど 2階の階段の所まで並んでいました。クラシックコンサートでこんなに並んだのを見たことありません。

元々のファンの方もいるでしょうが、私のように演奏に感動して買った人も多いでしょう。

実物は写真とかで見るよりずっと綺麗で、サインされた後一人ひとりに「ありがとうございました」と言われました。

DSCN0189.jpg DSCN0188.jpg

日本に来られたら又熊本で演奏して欲しいです


「DRUM TAO」はすごい迫力!!
2016年09月16日 (金) | 編集 |
先日DRUM TAO(ドラム タオ)のステージを観に行きました。初めてだったけどファンミーティングに応募したら当選しました

2016091317490000.jpg

熊本では5月に開催される予定だったけど、地震で県立劇場が使えず 9月になりました。

ファンミーティングでは、団員全員ではないけど 座席に着くまで 一人ひとり握手してくれて それだけでもファンにはたまらないでしょう

座席が隣になった人は鹿児島から新幹線で来られて、前日のファンミーティングにも参加して その日もホテルに泊まるとか・・・

30分で行ける私は申し訳なく思いました それに初めてなので誰が誰やらわからないし・・・

質疑応答の後 1曲演奏してくれました。鹿児島の人にはお気に入りの人がいるようでしたが、他にもイケメンがたくさんいてその人達のファンも多いだろうなあと思いました。

本公演は太鼓をドンドン叩くだけでなく、賑やかな後には女性達の琴や笛の演奏で うまく動と静を演出していました。

おしゃべりは一切ないので、世界で通用しますね 23ヶ国で公演したのもうなずけます。

琴や笛などは外国で受けるでしょう。衣装もコシノジュンコさんです。

耳も目も楽しませてもらいました。

来年のスケジュールも決まっているそうで、熊本には5月に来るそうです。

情報をしっかりキャッチして来年も行きたいと思います


「正源司友加ピアノコンサート♪」で癒されて
2016年05月30日 (月) | 編集 |
今回の地震ではほとんどの熊本県内の公共施設が被害を受け、コンサートができなくなっています。そんな中、有明楽器は天井の照明が落ちるなど被害はあったけど、修理を間に合わせられました。

このコンサートの事は知らなかったけど、以前勤めていた会社の人が教えてくれました。ピアニストが正源司友加さんと聞き、大雨の中出掛けました。

曲目は聴きなじみのあるロマン派の作品で、 地震でストレスをかかえた人にはピッタリっだと思いました。

曲の説明を挟みながら2曲づつ弾かれましたが、狭いホールで観客と近いため緊張されたんじゃないでしょうか?

メンデルスゾーン、シューベルト、リスト、ショパンの曲を、丁寧に優雅に演奏されました。

シューベルトの即興曲第3番は、お母さんが好きでリクエストがあったようです。内容はともかく、そんなに難しくなくて綺麗な曲なので久しぶりに練習してみようかなと思います。

友加さんはショパンが一番好きだそうですが、わかる気がします。どんな作曲家の曲も卒なく弾かれるでしょうが、彼女のイメージからするとショパンが似合います。

まだまだお若いですから、これからの成長が楽しみです

ホールが使えないので、何でもキャンセルになっている中、とても良い時間を過ごせました


クラシックの小箱「春風によせて」
2016年03月08日 (火) | 編集 |
クラシックの小箱 第10回記念コンサートに行きました 

あるのは知っていましたが、今までは平日の午前中だったので行けませんでした。

13時30分からの開場前から長蛇の列でした。年齢層が高いのにもびっくり

記念コンサートと言う事で、時間も普通1時間が2時間で 出演者は今まで「クラシックの小箱」に参加された方達

昔の演奏会はただ楽器を弾いたり、歌ったりでしたが 最近は曲間に解説をされる事が多くなりました。

話べたの人は大変です 今回のみなさんは国内外で活躍されているだけあり、演奏も素敵でしたが

お喋りが上手 最後に歌われた佐々木典子さんは、会場の笑いを誘うトークで盛り上げられました。

今回楽しみにしていたのは、エリンガー優子さん。ドイツ在住のピアニストですが

最初に聴いたのは中学生か高校生の頃

その頃からお上手でしたが、下を向いて もくもく弾く寡黙なイメージでした。久しぶりに聴いたピアノは小曲でしたが やはりお上手で、まっすぐ前を見て解説をされる姿に歳月の流れを感じました

熊本は音楽のレベルが高いです。国内は当たり前、、海外でも活躍されている方がたくさんいます。

来年はどんな方が演奏されるか楽しみです


「若林顕ピアノリサイタル」♪
2015年12月06日 (日) | 編集 |
若林顕ピアノリサイタルに行きました 場所は熊本市建軍文化ホール

ここに行くのは何年ぶりでしょうか?駐車場がないのが難点でしたが、ホールの隣に民間のが出来ていました。

20周年記念事業という事で、なんとチケット代は2000円

若林さんは、汗っかきのところといい 髪や体型といい 葉加瀬さんに似てます。

手が短くて、弾く姿は何となくかわいい

今日の曲目は、ラフマニノフのコレルリの主題による変奏曲、ショパンのエチュードOP25、ベートーヴェンのピアノソナタ「ハンマークラヴィーア」でした。

若林さんのピアノは音色がすごく綺麗です プログラムの曲はもちろん

アンコールで弾かれた「ムーンリバー」は、Pを良くあんなに小さく響かせられるもんだと関心しました。

クラシックでない曲を本物のピアニストが弾いたら、ポピュラーのピアノ弾きは太刀打ちできません。

Pの部分が綺麗なのはもちろん、力強さもあります。

終わった後トークもあったようですが、帰りが遅くなるので聞かずに帰りました。もうちょっと早く始まっていたらね~

割と熊本にはいらっしゃってるようなので、次回のコンサートも聴きに行きたいです。