その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
「潤和」のレディース膳
2015年12月28日 (月) | 編集 |
戸島にある「潤和」に行きました 以前あったバイキングはありませんが、今でも人気のお店です。

P1160603.jpg

定食メニューはこちら

定食メニュー

頼んだのは1日20食限定のレディース膳・・・品数たくさんで嬉しい~

レディース膳

デザートは付いていますが別メニューはこちら

デザートメニュー

ドリンクは100円でいただけます 写真撮り忘れたけどコーヒーを追加

ドリンクメニュー

他にもメニューがたくさんあるので又行きたいですね 

住所 熊本市東区戸島西1-5-37
電話 096-331-3353


キキキで贅沢なランチ♪
2015年12月24日 (木) | 編集 |
噂には聞いていた黒髪にある「キキキ」に行きました 

キキキ

熊大のそばにあり、普通のおうちのようなので 気を付けていなければ行きすぎるかも・・・ちなみに「キキキ」と奇妙?な名前の由来は漢字で「季器機」と書き、節を感じ 器に魅せられ 会(であい)に感謝す と言う意味だそうです。

お部屋は2部屋あり、こんな感じ 私達は3人で行ったので4人がけ あと二人がけが一つ

和風でも椅子というのは嬉しいです

部屋

昼の響御膳は平日のみ・・・ワンドリンクオーダー制なら2000円でいいと思うけど

お昼御膳

ドリンクメニューはこちら

ドリンク

私はベリーミックス、友達はトロピカルマンゴー

ベリーベリー    マンゴー

1の膳は小さなお盆に9種類のお料理が・・・

昼御膳

刺身は新鮮でぷりっぷり、料理長手作りの味噌豆腐は濃厚でした。

大根もちの中は鶏ミンチとチーズが入っていて、いつか作ってみたい1品でした。

大根もち    大根もち (2)

生麩も美味しかったですね~ もうちょっと食べたいくらいがいいんですね

生麩

これに後はデザートかと思っていたら

二の膳が・・・ぶりしゃぶとハンバーグでした。

ぶりしゃぶ
ハンバーグ

大満足の料理の後、デザートとコーヒーが

デザート
コーヒー

期待以上のお料理でした。ランチにはちょっと高いけど、夜食べたり飲んだりするのに比べれば

ここは前日までの要予約です。1月15日まではランチはやっていないそうです。3000円~

乗り合わせで行かないと駐車場が少ないのが難ですが、絶対又行きたいお店です

住所 熊本市中央区黒髪4丁目9-17
電話 096-343-1025


チロとコロンと柿?
2015年12月20日 (日) | 編集 |
昨日、足だけのアップだったチロ

カメラにずっと保存したまま、チロとコロンの写真をアップしないまま年を越してはいけないと・・・(いつ撮ったものやら

爪とぎの上で

チロ

何撮ってんのよ~!!

チロ (2)

ソファーでリラックスするコロン

コロン

体はチロの1.5倍だけどかわいいわ~

コロン (2)

歳は取っても体は相変わらず柔らかい

コロン (3)

変わった模様のシクラメン・・・・ではなく、コロンに食された後。毎日食している?ので、今はほとんど残骸

P1160621.jpg

そして関係ないけど、こちらも保存していた写真

植えて何年でしょうか? 20年以上は経っていると思うけど、初めて実をつけた柿

柿

植木屋さんに「実を付けないし邪魔だから切って下さい」と言っても「もったいないから」と残していた柿

ようやく実を付けたのね・・・と思った方。でも実を付けたのは1個だけ 

それも

・・・・このサイズ 

柿 (2)

カメラからも消すけど、来年は心おきなく切ってもらいます


洋風おせちとダッチベイビー
2015年12月19日 (土) | 編集 |
さて、友人が始めた料理教室「パレット キッチン スタジオ」 初回は「洋風おせち」でした

生徒兼スタッフの私は、メニュー選び、試食と回を重ねて こんな立派なおせちになりました

品数多いんで名前、作り方を知りたい方は個人的に連絡を・・・・って載せてないけど

洋風おせち

向きを変えて

P1160842.jpg

左は根菜のバルサミコ酢ソースで。右は珍しいキクイモのポタージュ

菊芋スープ

ピクルスがボケてま~す 箸置きは私が作ってみたのをメールで送って採用・・チロも足モデルで??

ピクルス    箸入れ2

田づくりが入った箱もスタッフで作りました。以前アップした箱は難しいので却下

先生が事前に作ったのもあるけど、すごい品数でしょう  彩りも綺麗~

みなさん、すごく喜んでいました 正月は実家で過ごし、おせちに縁がなかった?けど、今年は何品か作って持って行こうかと思っています。

 これは以前紹介したダッチベイビーのスイーツ版

撮影が目的だったので、中身をとっかえながら・・・ミントは我が家 唯一の生き残りハーブ

ダッチベイビー

ダッチベイビー2

ダッチベイビー3

正月を目前に体重、体脂肪 微増はあっても微減はありません 食べるの我慢出来なかったらその分消費しろ~!!

・・・と、料理教室からの帰り道、公園をインターバルで4キロほど歩いたけど 週1、2回じゃ現状維持がやっと・・・



「ニュー梅田劇団」の若手
2015年12月16日 (水) | 編集 |
先日書いた通り、又玄海さんが出ない月曜に喜楽座に行って来ました。

劇は写さなかったけど、若座長の芸のうまさにびっくりしました 先週はそんなにセリフも多くなかったので、舞踊ショーだけが光って見えましたが、なんのなんの

長いセリフを立派に演じ切り、先週チョイ役だった、たくま君もお爺さん役で上手な芸を見せてくれました。

今回は座長が風邪で欠席でしたが、これだけ若手が上手ならこの劇団の将来は安泰でしょう

玄海さんが出ない日にもかかわらず館内はお客さんでいっぱいでした。芸はうまいし美形はいるし・・・わかるわ~

今回は若手の写真だけを

しょーじ君 なかなかこっちを見てくれないし、いつも動いていてうまく撮れましぇ~ん

ショージ (2)
ショージ

やっぱり美しい英次郎・・・でも違うかつらの女形を見たいわ~

エイジロー

今回は曲が短かったです。英次郎君の出番は長い方がいいのに・・・・

エイジロー (2)

おじいさん役が上手だった、たくま君 カメラに向かってポーズを取ってくれたり、何度もこっちを見てくれました。顔立ちがいいので、彼の女形も見てみたい

たくま
たくま (2)
たくま (3)
たくま (4)

ばっちりカメラ目線です 

たくま (5)

ポーズが決まってますね~ 芸ももっと上手くなるでしょうし、成長が楽しみです

たくま (6)
たくま (7)

みんなかわいくて、親の目線で見ますが、彼らに言わせると「ぼくの親はもっと若いわい!!」と思っているかも・・・

来週も月曜に行きます。芸のうまさは今まで見た中で一番かも。層が厚い

ニュー梅田劇団は25日までです。興味のある方は是非・・・


今月は「ニュー梅田劇団」
2015年12月08日 (火) | 編集 |
先月の「おおみ劇団」は月初めに写真を撮ったけど、アップしないうちに今月になり「しばらく喜楽座通いはいいか」と思っていたところ

演劇通の友人から「喜楽座の今月の劇団はいいよ~」と言う情報をもらい

「ニュー梅田劇団」の芝居を観に行きました。行ったのは玄海さんの出ない月曜日

芝居の題は忘れたけど、は総座長「梅田英太郎」と座長の「梅田龍扇」

総座長と座長 (2)

英次郎と若手二人

若座長と2人 (2)

我が子に父親だと名乗りを上げないまま、別れる前に草履を履かせるシーン せつなかったですね~

総座長と若座長

英太郎さんと龍扇さんの芝居は確かにうまかったです。 次はお待ちかねの歌謡ショー

最初は軽く総座長から

総座長
英太郎

座長は足が悪い?のに必死で踊っていました。カメラに向かってピースサイン 

座長

16歳のしょうじ君 目のメークが一人違います

ショージ (3)
ショージ (5)
ショージ (6)

17歳のたくま君 カメラに向かってポーズしてくれました。

タクマ
タクマ (2)

そしてカッコいいと聞いて楽しみにしていた英次郎君24歳

若座長

何とも色っぽい女形です この曲の時はお尻ふりふりして観客を沸かせました

英次郎 (2)
英次郎 (3)
英次郎
英次郎 (4)

絵になりますね~

英次郎 (5)

超超超カッコいい~

英次郎 (6)

女性より美しい~

英次郎 (7)

彼もカメラに向かって カメラ越しでもドキっとしました

英次郎 (8)

英太郎さんと

英太郎と英次郎

この日はニュー梅田劇団だけだったので、た~っぷり楽しめました。一人何回出てきたことか

帰る時、早速次を予約しました。忙しい師走に後2回行く予定です


「若林顕ピアノリサイタル」♪
2015年12月06日 (日) | 編集 |
若林顕ピアノリサイタルに行きました 場所は熊本市建軍文化ホール

ここに行くのは何年ぶりでしょうか?駐車場がないのが難点でしたが、ホールの隣に民間のが出来ていました。

20周年記念事業という事で、なんとチケット代は2000円

若林さんは、汗っかきのところといい 髪や体型といい 葉加瀬さんに似てます。

手が短くて、弾く姿は何となくかわいい

今日の曲目は、ラフマニノフのコレルリの主題による変奏曲、ショパンのエチュードOP25、ベートーヴェンのピアノソナタ「ハンマークラヴィーア」でした。

若林さんのピアノは音色がすごく綺麗です プログラムの曲はもちろん

アンコールで弾かれた「ムーンリバー」は、Pを良くあんなに小さく響かせられるもんだと関心しました。

クラシックでない曲を本物のピアニストが弾いたら、ポピュラーのピアノ弾きは太刀打ちできません。

Pの部分が綺麗なのはもちろん、力強さもあります。

終わった後トークもあったようですが、帰りが遅くなるので聞かずに帰りました。もうちょっと早く始まっていたらね~

割と熊本にはいらっしゃってるようなので、次回のコンサートも聴きに行きたいです。