FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
「蜜蜂と遠雷」も面白い
2019年10月06日 (日) | 編集 |
立て続けに映画を観に行きました。「蜜蜂と遠雷」

本で読んでいましたが、これを映画にするのは難しいだろうと思っていました。

実際にピアノを弾く人たちが、ただ弾けばいいだけじゃなく 登場人物の世界観を出さなければいけないからです。

役者の方たちは、昔と違って 割と本当に弾いている感じの演技でした。

カデンツァの部分で4人の違いは出ていたと思います。

前日にNHKの「ららら♪クラシック」で特集を見ました。

映画で出てくる水筒は、演奏している川村さんの普段の生活から監督が取り入れたそうです。

マサルも名前が書かれた水筒を持っていたのは印象的でした。

亜夜のお母さんにレッスンを受けていた小さい時の映像もあれば良かったけど、映画では習っていたという説明だけになってます。

テレビで「春と修羅」の亜夜バージョンを全部聞けて良かったです♪ 最初は私でも弾けるレベルなのが、川村さんも言っていたけど、カデンツァはとんでもないです    明石バージョンなら弾けるかな?

2時間でまとめてあるから細かいところは端折ってあるけど、クラシックに興味がない人でも楽しめる映画だと思います。


「記憶にございません」は記憶に残る?
2019年10月02日 (水) | 編集 |
久しぶりに映画を見に行きました。軽い気持ちでレビューの評価が高い「記憶にございません」を

感想は、映画を観ながらこんなに笑った事はありません 

丁度 増税初日で、映画の中で「消費税は上げず、法人税を上げろ!」と言う場面がありました。まさに そうです。

政治家は面白い映画だと笑って済ませるのではなく、考えて欲しいです。

豪華な俳優さん、皆さん素晴らしかったです。

ブロンドのニュースキャスターが、気だるくニュースを読む場面がちょこちょこ出てきますが、最後の場面で「まさか、あの人?」とわかりました。すごい変身です。

映画館で笑って ストレス発散にもなりますよ。これはお勧めの映画です。

追伸・・・夢タウンで食事しましたが、この日から10%になりレシートを見て増税を感じました