その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
内藤晃レクチャーコンサート♪
2011年08月28日 (日) | 編集 |
ミスチルのコンサートでほとんど立っていた(と言う事は座っていた時も・・)ので、足が棒のようになっていましたが、引きずるようにして「内藤晃レクチャーコンサート」を聴きに行きました

一夜にしてロックからクラシックです

昨年もありましたが評判が良く、又して欲しいと言う意見が多かったので今年も内藤さんです。

ピアノの弾き比べを聴くと言う機会は、なかなかないのではないでしょうか?

ベヒシュタイン、ホフマン(ベヒシュタイン製)、スタインウェイのグランドピアノとベヒシュタインのアップライトを曲ごとに替えて弾かれました。

今年はリスト生誕200年です。でもリストだけではなく、ショパンとの関わりをお話されながら、ショパンとリストの曲を10曲演奏されました。

リストの「リゴレットパラフレーズ」とペトラルカのソネットとは、コンサート向きに作られたスタインウェイで

ショパンの「マズルカ」やリストの「愛の夢」はアップライトで弾かれましたが、この楽器だけを聴くとグランドでは?と思わせる響きでした。

比べると違いますけどね

タッチもグランドのピアノタッチを取り入れてあるそうです。

小品も大曲も、同じように何でもないように弾く内藤さん

今日は今日で、贅沢な1日でした

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック