その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
観音めぐり7~10、12、33番札所
2011年09月28日 (水) | 編集 |
今回観音廻りした最後の紹介です。7番札所の石室(いしむろ)観音は、「石水寺(せきすいじ)」境内にあります。

樹齢六百年のカイドウが咲くそうなので、その時期にも行ってみたいです。

7石室観音説明

7石室観音

人吉市温泉町にある8番札所の湯の元(ゆのもと)観音は、母の写真展があった老人福祉センターの前にあります。その時は、観音堂に全く気付きませんでした。

8湯の元観音由来

境内には樹齢350年の御神木のいちょうが存在感たっぷりに立っています。
8銀杏の木

8湯の元観音堂

9番札所の村山観音は、村山公園近くにあります。余談ですが、昔「村山公園に行ってみよう~」とを走らせ、あっちの山、こっちの山にぶつかり2時間かかって着いたのを思い出しました

普通に行ったら実家から10分でしょうか この先の観音堂にあります。

村山観音参道

9村山観音

像の高さは1m67cmと一番大きいのでは?

9村山観音全体

千手観音ですが、36本の脇手が伸びる特異な形式です。今度行ったら数えてみようっと ここはすぐ真近で見られます。

9村山観音

10番の瀬原(せはら)観音は町中にありますが、入り口が狭くわかりにくいです。鍋屋本館側で、鍋屋を後ろにしたら右にちょっと行ってすぐなので、キョロキョロしながら行きましょう。

これも余談ですが、今鍋屋のラウンジにツクシイバラを写した母の写真が飾ってあります。機会があったら見行って下さい

10瀬原観音入口

10瀬原観音説明

耳にご利益があるのはこの石塔でしょうか?耳の調子が悪いパパのために、葵ちゃんが自分のお金をお賽銭箱に入れてお祈りしていました。

10瀬原観音石塔

10瀬原観音

ここからの景色を撮れば良かったです。球磨川に面しているので球磨川、中河原が良く見えます。花火大会が伸びて24日にありましたが、檀家の人でいっぱいだったでしょう。

11番は父が忘れていたのか、次は12番札所の合戦嶺(かしのみね)観音。

12合戦峰観音説明

再彩色されているけど、桧造りの立派な像です。

12合戦嶺観音

いよいよ最後の33番札所の赤池観音。この日の観音堂は坂の上が多かった

33赤池観音坂

33赤池観音説明
33赤池観音

数えると2日で24ヶ所(22番は2つ)廻っています。後9ヶ所(24も2つ)

通年開帳の所は正月にでも廻って、いつか全部の観音廻りを制覇したいと思います 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック