その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
「印象派の誕生」を観て
2011年10月16日 (日) | 編集 |
今日もお城に行きました。でも、中ではなく回りを

目的は午後からの音楽文化祭でしたが、その前に県立美術館で開催されている「印象派の誕生」の絵を観ようと

先週行こうかと思いましたが、歩き疲れていたし、短時間で観たくなかったので・・・

歴史探索スタンプラリーがあっていたので、あちこち寄り道してスタンプ押しながら行きました。

美術館開館35周年記念なので?、作品80点と盛りだくさん

私はド素人なので、好きか嫌いかでしか判断できません。「これ、私でも描けるんじゃ?」と言う絵は、よさが今一わかりません

ミレー、モネ、ルノワールの絵はどれも好きです。誰の絵だったか?雨が上がって空気が澄んで見えると解説に書いてあったけど、逆に私には 今から雨でも降りそうな風景に見えました

ルノワールも好きなのは、初期の作かな?優しい感じの。不思議なのは、どれも立派な額に入っていますが、ガラスが付いているのと付いていないのがある事

ガラスがあるのはルノワールだけだった(たぶん)けど、それも1点だけは付いていない??

監視員の人に尋ねると「同じように聞かれる事がありますが、借りてきたままの状態なのでわかりません」と言う返事

「今度借りる時、先方に聞いて下さい」とお願いしました 

観る方は、付いてない方が光が反射しないし、絵具の感じもよくわかるのでいいのですが、監視する方としては

「全部ガラスだったらいいんですけどね~傷付いたら、ごめんなさいでは済みませんから」と言われました

余裕持って行ったはずなのに、時計を見たら12時過ぎ

10点近くはざっと観て慌てて出ました。ポストカードも買いたかったんだけど・・・

やはり2時間は必要ですね。

開催は11月6日までです。なかなかこれだけの作品を観る事は出来ないので是非行って下さい

ちなみにゴッホの作品は風景画1点だけでした。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック