その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
蘇陽峡ウォーキング
2011年11月13日 (日) | 編集 |
山都町の馬見原(まみはら)に行きました。「もみじ祭り」の一つ、蘇陽峡(そようきょう)に参加するため

服掛松キャンプ場がスタート地点でした。朝早く出たのにすごく時間がかかったので、集合に送れての参加でした

参加料500円で先着20名だったので、慌てて申し込んだら13名でした。コスモスウォークなど先着1000人なのに?と思っていたら

終わってわかりました。遠いのもあるけど・・・過酷です

期待していた紅葉は、変な気候のせいで 遅れてると言うより 紅葉しないまま終わりそうです。
蘇陽渓

蘇陽峡は珍しいU字谷だそうです。写真ではわかりませんが・・・この展望所から険しい山道を降りて行きました。人一人通るのがやっとで、足場も悪く、想定外のコースに最初からへこたれそうでした。
U字谷

降りてしばらく歩くと、とても綺麗な五ヵ瀬川が流れていました。係の人が色々説明されていたようですが、ビリっけつだったので聞けませんでした。
五加瀬川

この後は暫くなだらかな野道で、いたる所から水が流れてきて クレソンがたくさんありました。収穫したり景色を見たりでのんびり歩いていたら、前の人達が見えなくなりました。

それでも、後ろに子供達もいたので もくもくと歩きながら「なかなか前に追いつかないね~」「後ろの子達も追いついて来ないね~」と言いながら歩いていたら

民家の人がいたので挨拶をして「前をたくさん人が通って行ったでしょう」と聞くと

「誰も来ませんよ」と言う返事 

「長崎鼻は向こう山の方で、途中にあった橋を渡って行くんですよ」と教えてくれました。

私は橋があったのにも気づきませんでした それでなくても遅かったのに、随分戻って橋を渡ったら係の人が待っていました。

係の人は2人で、先頭と後方を歩いていました。私達は遅かったけど、後ろに子供達もいて係の人はその子達と一緒だったのが盲点?だったようです。

橋を渡ってからは上りの連続・・・・長崎鼻展望台に着いた時は景色を見る元気もなく写真を1枚だけ
長崎鼻展望台

ここが展望所だと知ったのは、もっと上のゴールの広場に着いてから。てっきりお祭りがあってる所が展望所だと思っていたから

パンフレットには「蘇陽峡が一望できる感動の絶景ポイント」と書いてあります。1枚でも撮っておいてよかったです。紅葉は今一だけど・・・

かろうじて写真を撮ったけど、ほとんど聞く事なく、撮ったら終わりました
太鼓

7キロの予定が、道を間違ったので8キロ以上歩いたかも・・・9時半出発で13時着。

祭りの会場で、おにぎりやおでんを買って食べ、シャトルバスで馬見原に戻りました。

一山下りて、一山上るウォーキングです。明日歩けるかしら・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック