その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
園内散策ツアー
2012年05月20日 (日) | 編集 |
江津湖をした後、熊本動植物園に行きました。5月3日から6月3日まで「わくわく江津湖フェスタ」があっています。色んな催しがあり、先週はタレントが動物園にも来たようです。この日は入園料が無料だったからかすごい人でした。

動物園

土曜は13時半から「園内散策ツアー」がありました。これは毎週あってるみたいです。園長とスタッフの方達が案内してくれます。

園内散策ツアー

集合場所の「くろくもざる」しっぽの後ろは手のようになっていて何にでも巻きつけられるようです。

くろくもざる

その隣の「ワオキツネザル」

ワオキツネザル

日光浴しているところを見たかったら南側に行くといいそうです。赤ちゃんがお母さんの脇から顔を出したり、背中にしがみついていますね

ワオキツネザル アップ

昨年、四不象(シフゾウ)の写真は載せたと思いますが、角が12月23日に落ちました。1キロくらいあるでしょうか?持つとズシッときました。

つの

あっと言う間に伸びるんですね~

角が伸びていく様子

キリンと象のいる所へ移動しました。普段は餌やりが見れてラッキー!くらいなのですが、この日は特別に柵の中に入れてもらえました。人なつっこいキリンさんが近づいて来ます。・・・写っているのは飼育員さん

二頭のキリン

子供だけ餌(桑の葉)をやりました。長い舌でしょう?40cmあるそうです。寿命は60年くらい

長い舌

象舎にも入れてもらいました。

象舎の中

象のアップはなかなか見れないでしょう?名前はエリーです。(ズームで写したのでここまで近づいてはいないけど)

エリーのアップ

口の中初公開?見えにくいですが奥に歯があります。人間と違って横からスライドして生え換わるそうです。

口を開けた象

おっぱいは人間のように胸にあります。

おっぱい

いつも散策ツアーで入れるわけではないようです。一生のうち、こんな近くでキリンや象を見る事はもうないでしょう。色々説明聞きながらだったのでよくわかりました。園長と飼育員さんに感謝です<(_ _)> 

タイで象に乗った事はありますが、見えるのは背中だし 顔を近くでまじまじ見る事はありませんでした。

まだまだたくさん動物はいますが、散策ツアーはこれで終わりです。

他はざっと見ました。北極グマは1周泳いで同じ場所で顔を出します。その繰り返し・・・何でだろう??

白クマ

ふれあい動物では、昨年も載せた耳長やぎと白やぎですが、瞳が丸じゃないのを、友達が気付きました。まつ毛でわかりにくいですが、直線です。一緒に入っていたひつじは丸でした。

やぎ

だから眠そうな顔に見えるんですね。足は豚さんみたいに2つに分かれています。これも今回発見

白やぎの顔  白やぎの足

動物資料館と植物園にも行きました。動物資料館では、ほとんど鳴かないキリンの鳴き声も聞けます。パンダやコアラも

バラ園のバラも綺麗でした。この季節に来た事がないので初めて見ました。動物は同じだけど、植物園は季節ごとに花が違うから 時期を替えて行くといいですね。

現在、以前ニホンザルがいた所が工事中です。出来あがったら又行きたいですね~


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック