その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
矢谷番所のヒガンバナ
2012年09月23日 (日) | 編集 |
菊鹿町の番所のヒガンバナの写真が熊日に載っていました。

ネットで観ると今が満開と書いてあったので行きました。場所は矢谷渓谷の手前らしいので、矢谷渓谷を目指して

近づくと、番所棚田(ヒガンバナ)と言う看板があります。

進んで行くと道沿いに車が停まっています。(駐車場はないので、みんな道沿いに停めています)

まず手前の棚田がある山?に上りました。カメラを持った人があちこちで撮影しています。

ヒガンバナ

次は隣の棚田へ行こうと思ったら、一度下りて次の山に登らないといけません。山と言っても坂くらいですが

いたる所に咲いています。川のせせらぎを聴くと癒されます。

ヒガンバナ3
ヒガンバナ4
道の脇のヒガンバナ
ヒガンバナ2

よく見る棚田の風景はこっちの山から見たものです。あまり上まで行くと木が邪魔をして見えません。

ヒガンバナ5
棚田

全部オレンジ色でした。我が家にどこからか飛んで来て咲くのはピンク色もあります。

ヒガンバナアップ

満開と書いてあったけど、枯れているのは少しで蕾の方が多かったので満開は今度の週末かも・・・

田んぼの周りにびっしり咲いているのかと思ったけど、ちょっと今一でした。満開だとどうなのか?

花にはちょっとガッカリしたけど、坂の上り下りでいい運動になりました。

風景もいいし

近くに阿蘇一の宮神社がありますが、何故か鳥居は道沿いではなく下の田んぼの方にありました。

阿蘇一宮神社

ヒガンバナ(彼岸花)は死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)と呼ばれ不吉だと嫌われる事もあるようです。

山口百恵さんの歌に「曼珠沙華(マンジュシャカ)」というのがあります。知らずに歌っている人もいるかもしれませんがヒガンバナの別名です。普通はマンジュシャゲと呼びますが・・・

何か暗い歌だけど、仏教からきている曼珠沙華は「天上の花」と言う意味で良い事が起こるという意味らしいです。

ま、「ヒガンバナ~♪」だとあの歌のイメージに合わないけどね

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック