その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
水源廻りで2万歩!!
2012年10月08日 (月) | 編集 |
阿蘇の水源をしました。今回は初めての友人と

「あそ望の郷くぎの」にを停め、お弁当を買って出発です!

一応観光案内所で地図をもらい、最初の水源 池の川水源へ

記憶では、「あそ望の郷くぎの」から近かったと思ったのですが、かなりありました
国道を通るので車の通りが多いです。

池の川水源では、数人の人が水を汲んでいました。駐車場は10台くらいでしょうか?

池の川水源説明    池の川水源

次は一番遠い、塩井社水源へ。一心行の桜の近くを通って行きますが、今までと違う道を通ったような?

水源に付く前に、昨年出来たというオルゴールが鳴る水車があります。メロディーは覚えていますが、曲名が出て来ません。

水車

塩井社水源説明

水は深いブルーで綺麗でした。

塩井社水源    塩井社水源2
    
神秘的な雰囲気です。でも夜行くと怖いかも・・・

塩井社水源3

ここでお昼になったので、水車がある休憩所で、阿蘇の景色とオルゴールの音色を聴きながらお弁当を食べました。

次は寺坂水源へ・・・近くに日本一ながい駅名の「南阿蘇 水の生まれる里 白水高原駅」があります。中はな~んもありません。
白水高原駅 

数日前の熊日に、駅舎の前に珍しい赤いそばの花が咲いている写真が掲載されましたが、刈り取ってありました
白水高原駅2

以前は線路を越して寺坂水源に行ったと思うのですが、今回は国道から下りて行きました。

寺坂水源説明
寺坂水源

国道に戻りちょっと行くと川地後水源があります。

川地後水源説明

ここの水は飲み水にはされていないようです。まるで池で浅いから夏は子供が遊ぶのにいいでしょう。

川地後水源    川地後水源2

南阿蘇では、14日まで「谷人たちの美術館」が開かれています。水源を廻りながら、近くのASOギャラリーさんとジッポー博物館さんにお邪魔しました。ジッポー好きな人は、自分の生まれ年の物があるから行かれたらどうでしょう?

次は脇沢津水源へ

湧沢津水源説明

小さな水源ですが、湧水量が5トンあるんですね。

湧沢津水源

5ヶ所回ったけど、味の違いは全くわかりませんでした

帰りが問題です。毎回自分達で行ったら道に迷っていましたが、それでも橋を渡って「あそ望の郷くぎの」まで戻って来れました。

今回はあっちへ行ったら行き止まり、こっちへ行ったら橋がなかったりで 結局国道に出て来た道を戻りました。

車だとあっと言う間ですが、で迷って余計歩いた事もありどっと疲れました

口数も少なくなり、痛む足を引きずりながら「あそ望の郷くぎの」に着いたら 歩数は2万を越していました

今までの最高記録です。ドッグランの大会があっていたので、見学しながら休憩してたら痛みもなくなりました。

あの小さな橋はどこにあるのでしょう?

次回は行きに橋を渡ってから行こうと思います。(きっとどこかにあるはずの・・・・)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック