その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
今年1番の映画
2012年12月27日 (木) | 編集 |
「レ・ミゼラブル」を観ました。

・・・って

「この前書いたじゃないか!」と言われそうですが

又観に行ったんですよ

来週行こうと思ったけど行けそうになく、その次の週だとスクリーンは小さく、上映時間も少なくなっているだろうと・・

作品としては名作だから言う事ないけど、ほとんどの役者さんを知らない私でも 役者さん達の演技に感動しました。

歌だったからもっと気持ちが伝わったのかもしれません。歌の力ってすごいですから

ヒュー・ジャックマンさんと、ファンテーヌのアン・ハサウェイさんが素晴らしいのはもちろんの事

キラリと光っていたのは、悪ガキと書いてしまった カヴローシュ(ダニエル・ハトルストーン)君の存在と演技

親の目で見てしまうのか、とても愛らしく思えました。

民衆が誰も駆けつけず、「もうやめようか・・」と暗い雰囲気になった時 革命の歌?を歌いだして、みんなのやる気を出したり・・彼の存在はマスコット以上に大きかった。

最初観た時は、ジャン・バルジャンの一生に思いがいったけど 2回目は それ以上に革命の場面が心に残りました。

国を愛し、良くしようと立ちあがって散って行った若者達

レ・ミゼラブルの原作も読みたいけど、どうして民衆が革命に参加しなかったのか 背景になった時代の本も読もうかと思います。

もう1組・・・コゼットを預かった宿屋の夫婦も良かったですね~

大事な場面でちょこちょこ出て、いいアクセントになっていました。演技もうまい!

とにかく、主役はもちろん脇役まで みなさん素晴らしかったです。

今年1番・・いや、私にとっては今までで最高の映画です。

これでいい年を越せそう

・・・・

その前に、年賀書かなくちゃ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック