その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
今年最後の感動は・・・
2012年12月30日 (日) | 編集 |
素晴らしい映画を観て「今年もいい年だった」で締めくくろうかと思ったら

今朝、「決定!FNSドキュメンタリー大賞」発達障害のあるピアニスト 心で奏でる音と言う番組を観ました。

ピアノの番組だから観たのですが

言葉とかで九州の人?と思ったら、宮崎に住む「野田あすか」と言う方でした。

あすかさんは、広汎性発達障害と言う病気です。

彼女がリサイタルを開くまでのドキュメンタリーだったのですが、観ている途中も観終わってからも涙が止まりませんでした。

辻井君もですが、あすかさんもピアノを弾く時 とても楽しそうです。

そういう気持ちが音を通じて、聴く人に感動を与えるのでしょう。

彼女が老人ホームで弾いたり、子供達に教える場面がありましたが、そういうのがピッタリです。

高いところからではなく 同じ目線で演奏したり指導するからかも・・・

手を動かす事も出来なかったおばあちゃん達が、手拍子をして一緒に歌ったり、子供達はだんだん笑顔になっていました。

彼女は喋るのは苦手と言っています。でも、ピアノでなら自分の気持ちを伝えられると思うから一生懸命練習するって

プロフィールに、ペダルは左足で踏んでいるとか、耳で低い音やピアノの音色の変化を感じることができないため、鍵盤の音の振動を指で感じて音色を変えると書いてあります。

ペダルだけでも弾きにくいでしょうに、音色の変化がわからないのに良く弾けるものです。

テレビを観てオファーもたくさん来るでしょうが、彼女にはあまり大きなホールじゃなく お客さんと触れ合えるくらいの場所でコンサートをして欲しいです。

そして、テレビであったように 有名になっても老人ホームとかで おじいちゃん、おばあちゃんを元気にして欲しいな

多分、今年最後の感動だろうと思います。彼女に元気をもらいました

かわいい喋り方にも癒されました

お隣の県と言う身内感覚もあります。活動を見守りながらずっと応援したいです

彼女はブログも書いています。興味のある方はこちらをどうぞ⇒ココ

そして

最後になりましたが、今年1年わたくしのブログにお付き合い下さって有難うございます<(_ _)>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック