その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
徳富蘇峰・蘆花生家
2013年03月13日 (水) | 編集 |
星野富弘美術館の次は徳富蘇峰・蘆花生家に行きました。わかりにくいのか、バスの運転手さんが間違ってUターンして戻りました。

お金持ちだったようで、築150年の立派な建物が残っています。蘇峰が今年、生誕150年だから生まれた時建ったのでしょうか?
徳富蘇峰生家
徳富蘇峰生家 (2)

係の説明で見て回りましたが、ここも30分では駆け足でしか見れませんでした。係の方も「30分じゃ短すぎる」とおっしゃっていました。

庭の石は海から持って来た物だそうです。波の形がくっきりとわかります。
庭

ここにもカタルパの木が植えてあります。今年は大江の記念館に見に行こうと思います。確か5月に咲くはず・・・
カタルパ

左は冷蔵庫で右は薬箱・・・冷蔵庫と言ってもただの木箱です。
冷蔵庫

花の絵だと言われたけど、ほとんどわかりません。復元すると言う話も出ているとか・・
花の絵

家紋の隅切り三方一つ巴・・・係の人の話では、まわりは刀で中は首を表しているとか。首を切ってさらしている様子とか何とか?
家紋

家の前には郵便受けがありました。この住所に出したら届くかも

アドレス

15日から生誕150年祭があるようです。熊本でもあったら話を聞きに行きたいです。

このツアーは昨日と今日ですが、いつものごとく私が行く時は晴天でした

ここも機会があれば今度はゆっくり見たいです。水俣の記念館も・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック