その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
隈府ウォッチング
2013年03月18日 (月) | 編集 |
またまた菊池に行きました。

案内人の方の説明を聞きながら歩く、隈府ウォッチングに参加しました。

◎町並み歴史散策コースと◎菊池公園記念碑めぐりコースがあり

記念碑は1度見た事があるので、歴史散策コースをチョイス

ほとんどの人がこっちのコースだったようです。親切にも3、4人に一人の案内人の方がついて説明されました。

夢美術館を出て最初に、菊池武光公像の前で菊池一族の話とかされました。

菊池武光公像

菊池武光は、鎌倉から南北朝にかけて活躍した武将で、菊池氏の第15代当主です。騎馬像としては大きさは日本一だそうです。

隈府(わいふ)という地名も熊本が元々は隈本だったように、熊本の中心だという意味があるらしいです。

御所通りを歩くと、大正の洋館 高木邸があります。現在も病院として使われています。
高木邸

その近くにある松倉邸は、催しがある時だけ開けられます。おひな祭りの時は、おひな様を展示してあります。

昭和10年頃のおひな様・・・現代的な感じがします。
昭和10年人形 (2)

昭和20年頃のおひな様
昭和20年人形

お嫁に行った人は眉を剃っています。
眉を剃った人形

昭和30年頃のおひな様・・・また、顔が丸くなっています
昭和30年人形

菊池高校前の将軍木・・・正面からしか見た事なかったけど、ほとんど空洞になっています。支えはあっても倒れないか心配ですね
将軍木

この後、足湯を見ました。写真はナシ。夢美術館の前の足湯はたくさんの人が入っていますが。御所通りから入った足湯は、誰もいませんでした。現代アートで出来ていて、1億以上かかったようです。

以前行った時も、後で地図を見て「足湯があるみたいね、どこだろう?」と言ったものです。

案内板もなく、もったいない限りです。お金は県から出たものの、維持費に年間200万かかり、地元の人は「他の事に使えばよかったのに」とすごく評判悪いです。

今度行ったら入ろうと思います。陰がないので、行くなら暑くなる前に・・・

この後、立町通りを通って美術館に戻りました。

距離は大した事ないけど、ゆっくりお話聞きながらなので 予定の1時間を40分もオーバーしました

又、こういう企画があったら参加したいです。案内ありがとうございました<(_ _)>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック