その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
後藤是山記念館
2013年08月12日 (月) | 編集 |
水前寺にある「後藤是山記念館」に行きました。住宅地にポツンとあります。

場所は、とにかくわかりにくいです。近くを何度行ったり来たりした事か

近くに標識がないのが一番です。来て欲しかったら曲がり角にでも置くべきです。市の施設なのですから

館長さんも「良く叱られます。わからなくて・・・」と言われました。

夏休みの間、是山と交流があった「竪山南風」の絵も展示されています。

後藤是山記念館
後藤是山記念館2

館内はこんな感じで展示されています。

館内

「東火」の表紙を描いていたのが「竪山南風」
東火の表紙

後藤是山も先月知ったなら、竪山南風も知りませんでした。日本でも有名な画家のようです。

鳴龍説明

先日、熊本市総合体育館に行った時 見るべきでした。

鳴龍

外国(どこだったっけ?)を旅行した時の画集もありました。

立山南風の本

是山が住んでいた家の庭へ・・・蚊取り線香も置いてあったけど、10ヶ所くらい刺されました

庭

この事は先月の講座でお話されました。

イチョウの説明

高すぎて先が見えません。元は鉛筆くらいだったのが信じられない。

いちょう

蘇峰の詩

蘇峰の詩

詩を刻んだ記念碑

蘇峰の詩2

是山の俳句を書いた記念碑もあります。

筆塚説明

筆塚

お庭を見て回った後、室内に入りました。是山亡き後、娘さんが10年間このままの状態で住まれていたそうです。

部屋
部屋2

台所・・・不便だったでしょうに、昔のまま使っていらしたおかげで そのまま残っています。

台所

何が展示されているのか良く見なかったけど・・・

本

こんな風に蚊帳を吊って寝ていたのでしょう。

かや

是山が座っていた椅子

是山が座った椅子

なかなか見ごたえがありました。せっかく行かれるなら、南風の絵が展示されている今月行かれるのをお薦めします。

住所 熊本市中央区水前寺2-6-10
電話 096-382-4061

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック