その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
矢部の八朔祭り 2013
2013年09月09日 (月) | 編集 |
1年振りに矢部の八朔祭を見に行きました。

駐車場に停められるように8時に出発して、着いたのは9時半 もっと近かったらね~

大造り物審査は14時からなので、その前にじっくり見ようと 展示してある所を回りました。全部で11基

五右衛門は、展示場所になく 探して行くと 必死に仕上げをされていました。

これは矢部小学校の6年生の作品で、鶴です。下は通潤橋を表しています。

矢部鶴
矢部鶴看板


ネコバス・・・これは審査会場で

ねこバス (2)

このバスは乗る事ができます。子供達が乗って喜んでいました。展示するだけでなく、こういう実用的なのもいいですね~

ネコバス横

今年は龍年?と錯覚を起こします。もう一つ龍あったし

安部の龍儀
安部の龍儀説明

ふくろうがネズミを掴んでいます。

ふくろう
ふくろう看板

街中ではパレードもあり、先頭方の掛け声で進んでいました。後ろは若い人がいっぱい

パレード2    パレード3    パレード    パレード4

昇り龍・・・前の龍とそっくりです。昇りだからもっと天に向かって行く感じにしたら違いもあって良かったかも

昇り龍
昇り龍看板2

鷲づかみ・・・捕まえているのは白蛇

鷲づかみ
鷲づかみ看板2

ネコバスと同じくらい子供が喜んだ忍たま乱太郎・・・ぬいぐるみみたいに綺麗にカットしてあります

忍たま
忍たま看板

これだけのカズラを集めるのは大変だったでしょう。右側が牛の頭です。玄人には高評価かもしれないけど、素人には・・・

カズラ
儲カズラ

矢部高校の1年生13人が作った鳥です。会場で作品の説明がなかったのが残念。どうやってバランスを取っているのかとても不思議です。生徒さんが作品を運び出すところから見ました。

飛翔3
飛翔 (2)
飛翔看板

コブラの顔がすごくリアルです。

大蛇2
大蛇説明

歌舞伎の五右衛門・・・目が光っていて迫力あります。

五えもん
ごえもん

着物のカーブや質感、裏側とよく表現されています。

着物

審査は14時からで、通潤橋の放水を見ようと 会場前を通ったら席が空いていました。「だったら座ろう」と審査が始まるまで2時間待つことに・・・

審査に2時間かかったので賞味4時間座ったまま・・・でも立ったままで見ている人もたくさんいました。「おしりが痛い」なんて贅沢言っていられません

投票用紙をもらったので、私も審査に参加しました。今年は際立ったのがなく、どこも甲乙つけがたく一つを選ぶのに迷いました。

会場では口上をされますが、すごく上手なところと 今一のところがありました。話術も審査基準にしてもいいかも

ただ、どこも「アベノミクス、アベノミクス」と同じ事ばかり言われたので、臨機応変に他と違う事を言われた方が良かったのではと思いました。

そして、会場に入って 造り物を正面を向いて置きますが、お客さんは左右 後ろにもいます。横だけしか見れない物もありました。

正面に落ち着く前に、全方向に止まって見せるようにしたらいいと思います。

今日は新聞が休刊だったから、どこが優勝したのかわかりません。明日の朝刊には載るでしょう。

私がどこに投票したかはナイショです みなさんだったらどこに投票しますか?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック