その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
小泉八雲熊本旧居
2013年09月26日 (木) | 編集 |
鶴屋横にある「小泉八雲熊本旧居」に行きました。以前は電車通り沿いにあったそうです。

小泉八雲旧居 (3)

今日、八雲忌がありました。その前にアップしてお知らせしようと思いましたが・・<(_ _)> 作品の朗読等あったようです。

小泉八雲旧居

部屋    床の間 (2)

八雲についての本が置かれています。活字はめんどうなので、そのうちマンガで描いてあるのを読んでみようと思います 八雲は毎日神棚にお参りしていたそうです。

本    神棚

庭も綺麗に手入れされています。

庭

面白い灯籠があると思ったら

フクロウの燈籠

由緒ある物で、この形は珍しいそうです。

ふくろうの燈籠の説明

鶴屋に行く時「何かあるな~」くらいに思っていたけど、気に止めた事もありません。先日話を聞かなければ、八雲の旧居だと知らないままだったでしょう。

八雲は日本人より日本人らしく、ずっと着物で過ごしていたそうです。奥さんが洋服を勧めても「日本の家屋には着物が合うように出来ている」と言ったとか・・・

八雲は明治27年に極東の将来についてこう書いています。

極東の将来 (2)

館長さんも仰いましたが、まさに今の日本に必要な事ではないでしょうか?これを100年以上前に書いたのがすごいです

これで随分記念館をまわりました。少しづつですが、熊本に関係ある有名人?や歴史がわかってきた・・・かな


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック