その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
光の賛歌 印象派展
2014年02月02日 (日) | 編集 |
「光の賛歌 印象派展」を見に行きました。場所は福岡市博物館

福岡市博物館

九州博物館には行った事があるけど、ここは初めて。展示場は2階です。

印象は展

たくさんの作家の絵80点が展示されていて見ごたえ十分です。7カ国37美術館から借りてなので、貴重な展覧会です。

チラシの表紙になり、この展覧会の目玉にもなっているルノワールの「ブージヴァルのダンス」

私は絵ハガキとチケット入れに買いました。絵はわからなくてもルノワールの絵は好きです でもこの展覧会では風景画がほとんどっだったので、ルノワールの絵は2点だけ

ルノワール

このモデルのマリーはユトリロの母で「ブージヴァルのダンス」は3部作の1つです。

3部作2

左が「都会のダンス」で女性は「ブージヴァルのダンス」の女性と同じマリー。右はルノワールの奥さんのアリーヌ

婚約者のルノワールが、前の2作に続いてマリーをこの絵のモデルにして制作に入ったけど、嫉妬したアリーヌが自分をモデルにさせたとか・・・ 嬉しそうな顔をしてますね

事実マリーとルノワールは恋仲で、ユトリロの父はルノワールでは?と言う説が有力らしいです。

絵ひとつで色々なドラマがありますね~ 

3部作だけど、「ブージヴァルのダンス」はボストン美術館、後2枚はオルセー美術館に展示されています。

シスレーの「サン-マメスのロワン川」 モネが同じような構図の絵を描いていたのでモネかと思ってました

シスレー

日本初展示のピサロの「小川で足を洗う女」

ピサロ

交通費はかかったけど、中々観ることの出来ない絵を見れて満足でした 期間は3月2日までと後1月あるので行かれてはどうでしょうか?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック