その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
円通寺のしゃくなげと石仏
2014年04月12日 (土) | 編集 |
菊池市旭志弁利にある「円通寺」に行きました。

ネットで見た時、途中まで知っている道で大体わかっていたけど「ナビで見るとわかるだろう」と印刷していませんでした。

ナビには「円通寺」は出てきません。では地名でと「旭志弁利」も出ません

近づいたら人に聞こうと出発して、2人の人に聞いてようやくたどり着きました。旭志石田医院が近くにあるので、これをナビに入れていった方がいいかもです。

ここは門が珍しい石門です。

石門

階段を上っていくと稲荷大明神が祀ってありました。

階段    稲荷大明神

ここに行った目的は、熊日新聞に「しゃくなげが見頃」と書いてあったからですが、調べると石仏がたくさんあることがわかりました。

円通寺は、延久年間(1069~74年)に菊池氏初代の菊地則隆が創建しました。荒廃した後、竜田山泰勝寺(臨済宗)二世の春山座元が再興し、泰勝寺の末寺とし、それも荒廃した後、自忍和尚が寺内を修復し、釈尊文殊菩薩・十六第阿羅漢像を彫るなどして同寺を復興したと書かれています。

いろんな歴史をたどっているとは言え、どうして八十八ヶ所巡りをここで出来るように、石仏を八十八体置いているのかは書いてありません。

ハ十ハヶ所

険しい岩肌をくりぬいて広範囲に石仏を置いてあるけど、四国まで行ってお参りするのを思うと 1日は無理でも数日でお参り出来るでしょう。

まずはしゃくなげを鑑賞・・・斜面にたくさん植えてあります。どこのシャクナゲもですが、桜ほどの見ごたえはありません。記事には確か600本と書いてあったけど、そんなにあるのかな~?

しゃくなげ
シャクナゲ

公園の池は趣があり、ハスの時期にはきれいでしょうね。

公園の池

さて、八十八ヶ所巡るのはいずれ?として いくつか巡りました。年代も形も色々な石仏があります。

石仏    石仏 (2)

石仏 (3)    石仏 (4)

石仏 (5)    石仏 (6)

石仏 (7)    石仏 (8)

足場が悪い所にもたくさんあります。近くてもお年寄りには全部巡るのは無理かもです。

割と近くだけど、このお寺の事は知りませんでした。今度は全部でなくても回りを歩いてみたいです。

シャクナゲの時期だけでしょうか。管理費として入園料は100円です。


コメント
この記事へのコメント
私の田舎です。その昔(明治)、四国巡礼に行った村人が、砂を持ち帰り、四国八十八か所巡りができない村人のために、石仏を作ったと聞いています。崖の崩落等でだいぶなくなっていますが。今度、写真を撮って絵に起こします。池の古代ハスもきれいですよ!
車でしょうから、目の前の鞍岳を越えて、大観望にのぼるルートがお薦めです。
2014/08/30(土) 22:55:15 | URL | iwaneko #-[ 編集]
iwaneko様

コメント有難うございます。そういう歴史があったんですね。

もっと新聞やテレビで取り上げたらたくさんの人が訪れると思いますけど・・・

2014/08/31(日) 19:59:09 | URL | コロンです #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック