その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
植物観察会
2014年06月16日 (月) | 編集 |
ブログを書こうと思っているうちに、ちょっと間が空いてしまいました。日が過ぎているのもあるので、アップはないかも・・・

そんな中、「植物観察会」に行ったのは昨日です。阿蘇に行ってから久しぶりの参加

案内は来ていたんですけどね。最近は祟城大学であっているようです。

10時開始のはずが、9時過ぎに着いたらもう観察に出発している班がありました。ま、適当なんですね

コースは薬用植物園か山の樹木や草本観察が選べ、せっかくなので山のコースへ

大学の前の山を切り開き、色々植えてありました。道を作るのも大変なら植えるのも大変でしょう。まだまだ増やされるようだし・・・

子宮がんや乳がんに効果があると言われるヒヨドリジョウゴ どこの山にもあるんでしょうか?

ひよどりじょうご

山から下りる時、花を咲かせたヒヨドリジョウゴがありました。

ひよどりじょうご花

他にもた~くさんあったけど省略。案内は学生さんだったのかな?質問に答えられない事もありました。

山の途中に村上先生が桃をたくさん植えていました。山じゃね~収穫に行くのも大変だと思うけど。それもあっちこっちにだし

初めて聞く「カノコソウ」をビニールハウスに植えてありました。

カノコソウ説明

こんな草です

カノコソウ

あんまり水をやってもいけないし、やらなくてもいけないらしく 根に水が行くようにこんな感じで育ててあります

カノコソウ (2)

鎮静作用や睡眠の改善作用があるようです。

これ又初めて聞く「ミソナオシ」も植えてありました。

ミソナオシ

名前の由来のように、葉をそのまま味噌に入れると風味が良くなったり鮮度を保つようです。

他に、根は古くからリウマチ性腰痛や下痢などを治す際に使われてきたそうです。

2時間の山の植物の観察の後、参加されている人からの提案で 薬用植物園の観察にも参加しました。

そこには聞き覚えのある村上先生の声が聞こえていました。

ま~何個・・いや何百鉢あるのか珍しい植物を置いてありました。鉢だから水やりも大変なのに、寒くなるとビニールハウスに移すそうです。大変な労力ですね~

相変わらずジョークを交えて説明されました。

村上先生

タピオカの原料のキャッサバ・・・下に芋のような実が

シャカドウ

中々日本では手に入らない物もたくさんありました。

植物園で1時間・・・正味3時間近く歩いて回りどっと疲れました。でも歩数は2千歩ちょい

昼食を取り、13時から大学内でスライド観察です。

スライド観察

やっぱり先生の話は面白いです 村上教の信者?だったのに、ここ数年講座から御無沙汰していました。

薬草が好きだからじゃなく、村上先生だから聞きに行くんです。 為になるのはもちろん、笑いもありますから

薬草の話を「え~○○にはこんな効能があります」と淡々とお話されても眠くなるだけです。

お話好きな先生は、予定の2時間を軽くオーバーして説明して下さいました。外であれだけ喋った後なのに・・・

途中で、オオバコのホットケーキとたんぽぽコーヒーを配られました。以前阿蘇では、オオバコの粉を買ったけど今回は販売はなかったです。

何度も聴いているので同じ話もあったけど、初耳なのもありました。

梅は大きいのも小さいのも同じ効能かと思っていたら、小さいのは効能がないそうです。

お弁当に小梅を入れて、抗菌作用があるだろうと思っていたら大間違い

中か大きい梅でないと抗菌作用はないそうです。知らなんだ~

やはり、たまには村上先生の話を聞いて 刺激を受けなきゃいけません。笑って脳にもね


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック