その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
赤峰さんの講演会
2014年07月13日 (日) | 編集 |
赤峰勝人さんの講演会に行きました。場所は植木の文化ホール

講演会チラシ
どんな人かも知らず、友達が行けなくなったので行ったけど、広い館内はたくさんの人

「有名な人なんだろうか?」と思いながら聞きました。12日は「循環のはなし」

かいつまんで言うと、農薬・化学肥料を全く使わず野菜を作っている方です。農業という言葉が嫌いで、いつからか差別用語となった百姓を自認されています。

無農薬は聞きますが、化学肥料も体に良くないのは知りませんでした。どちらかと言うとこっちの方が毒があるそうです。

そう言えば村上先生も「昔は野菜と言ったけど、今は土が悪いから畑采としか言わない」と言われていました。

現在71歳で、今でも夜9時まで畑に出て農作業をされているそうです。「なずなの会」を立ち上げ、安全な野菜を販売されています。弟子も何人かいるそうです。農業出身じゃなく、赤峰さんに賛同した工学部出身の人とか

3時間以上立ったまま、休憩なしでお話されました。私は「村上先生の漫談?なら飽きないけど、今日は眠くならないかな?」と思っていたけど、最後まで聞き入りました。

赤峰さん
小松菜を植えていて、イネ科の雑草が生えてきたらカルシウムが足りなくなった証拠だそうです。無駄な雑草はないと

干した雑草を肥料にして、理想の土を作り上げたとか

虫も意味があるもので、草は神草、虫は神虫と呼ばれているそうです。我が家の大葉も虫に食われてるのは毒があるから?? 

虫に食われた葉

蚊に良く刺される私は血液が酸性なのかしら?どんなに刺されても免疫は出来てないみたいだけど・・・

蚊やブヨ

塩については納得しました。昔は貴重な物として取引されていたのを不思議に思っていたのです。海水から作った本当の塩はミネラルが豊富で、高血圧の人も摂った方がいいって。

塩について

普通の塩(ナトリウム99%)だから体に良くないそうです。

完全無農薬を成功させた27年前だったかな?アトピーの女性が訪ねてきてアトピーを治して欲しいと頼んだそうです。

病院にも通い、あらゆる方法を試しても治らないので藁をも掴む気持ちだったんでしょう。

医者でもないけど、とにかく自分のところで出来た野菜を食べさせたそうです。3か月頃から症状が良くなり、半年で完治したそうです。

それから、ま~次々と噂を聞きつけた病人がやってきては 食べ物で治っているとか・・・数々の成功例があるから自信を持ってお話されるのでしょうね。

花粉症は村上先生も治ると言われていますが、中峰さんも食べ物で治ると言われます。ミネラル不足なんです。

うつ病の人はビタミンB3の欠乏なので(塩が足りない)、自然海塩で作ったみそ汁を食べると治るそうです。

翌朝疲れていたけど、「陰陽のはなし」を聞きたいと又植木まで行きました。

日曜は2階の研修室だったけど、80人の予定では収まらず、椅子を増やして満員で聞きました。中には断食でお世話になったと言われる、養生園の竹熊先生も聞きに来ていて 中峰さんは嬉しそうでした。

簡単に言うと、世の中には陰と陽があり、その法則で考えると全て解決するという物でした。

Oリングの話も面白かったです。色々試してみたいと思います。日曜も3時間以上、ぶっ続けでしたが飽きる事なく聞き入りました。

中々お会いする事もないので気をいただこうと、本を買ってサインしていただきました。

ニンジンから宇宙へ    サイン

日本の農家が、みんな無農薬で化学肥料を使わなくなって欲しいけど、利害関係があるから無理なんでしょうね


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック