その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギョレメ野外博物館
2014年10月24日 (金) | 編集 |
カッパドギアのギョレメ野外博物館観光はオプションです。

行かない人は洞窟ホテルへ直行。最初の予定では、次の日のバルーンツアーの後でしたが、予定変更して前日にあって良かったです。

映画のシーンに出てくるような、この世の物とは思えない 奇岩石が目の前に広がります。

0.jpg

ギョレメ野外博物館には30の教会が公開されていて、信徒が描いたフレスコ画が見れます。中はほとんど撮影禁止ですが、偶像禁止っだったためか ほとんど顔を削ってありました。

すぐ目につく「聖バジル教会」・・・ここには入りませんでした。

2聖バジル教会

教会と言っても岩山に穴を掘ってあるだけです。

1_2014102423052729d.jpg


最初に「林檎の教会」に入りました。入口に林檎の木を植えていたからとか、中の絵の中に林檎が描かれているから「林檎の教会」と呼ばれているらしいです。11世紀出来た教会

3林檎の教会入口

確かこれが入口だったと思うけど・・・

4入口

ICレコーダーを持って行ってたけど、ここの説明は録音していません。今聴くと、消し忘れたまま3時間近く録音しているのがあります。今聴いているのは説明も終わってバスで移動している時で無音 

5_20141024230644e65.jpg

小さい穴はハトの巣

6 鳩の巣

ここがへびの教会だったかな?? 十字架のようです。

12十字架

この階段の上の教会が何だったか忘れました。

7_20141024230712a1b.jpg

ここは撮影OKでした。

8フレスコ画

食事をしていた部屋では、火を炊いたからでしょう、石が真っ黒でした。穴が開いているのはそこに鍋を置いたから?

10すすで黒くなった岩    11鍋を置いた穴

石のテーブルと椅子です。

9食卓

7世紀に出来たのもあったけど、何だったか??

上の方の教会は別料金でした。

13.jpg

ここもフレスコ画が描かれていたのでしょうが、どんな物だったかすっかり忘れました。

高い所にあるので、出てからの景色はすばらしいです

14.jpg
15.jpg
16.jpg
17.jpg
18.jpg
19.jpg
20.jpg
21.jpg

出るころは5時半くらいでした。少しうす暗くなって来たので、11月以降に行く人はもっと早い時間に行かないと見れないかも・・・

トイレの時間だけで出発しようとしたので、出口近くのミュージアムショップを見たいと言ったら10分延長してくれました。

ここで絵ハガキを買ったけど、私が行きたかったミュージアムショップはここではなくメヴラーナ博物館だったようです。ブログで見て、そこのお土産屋さんにいいのがあると・・・

出口を出たら、道沿いに出店がたくさんありました。後はホテルに帰るだけです。

8000円もオプション代を払っているのだから、もっと買い物時間も取って欲しかったですね~ 

この後、長い休憩時間を取るところにある店は全部高い所でした。契約してあるのかもしれないけど、そんな所に使う時間がもったいなかったです。

ま、愚痴もあるけど、ここはちょっとくらいお金を出しても行くべきです。

この地形をまじかに見るかけでも感動でした。中のフレスコ画も綺麗な色で残っていて素晴らしい!!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。