その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モニターツアーに参加して1
2014年12月15日 (月) | 編集 |
「世界遺産登録をめざして阿蘇を巡るモン!ツアー」に参加しました。

県の主催で、応募はブログ等でツアーの様子を発信される方優先と書いてありました。定員は40名

昨年は行く気満々だったのに抽選に漏れました なんと、今年は190名の申込みがあったそうです 行けてラッキーでした

参加料は無料で、昼食代が1000円。集合時間に来なかったら参加出来ないと書いてあったので、十分余裕を持って家を出ました

それなのに平気で遅れてくる人がいるんですね~。乗る時は「すいません」と言って座るのがマナーだと思うけど、何も言わず

私達は暖房が利いたバスの中で待っていたからいいけど、係の人は寒い外でずっと待っていて気の毒でした。

ま、小言はこれくらいにして

ツアーは、県庁を出発して「あそ望の郷久木野」でトイレ休憩をした後、高森にある南阿蘇ビジターセンターに行きました

1_20141215174120e4f.jpg

数年前に行った時は、野草園だけ見ました。今年リニューアルして綺麗です。

2_20141215174125d55.jpg


センターの方(名前忘れた)が、わかりやすく説明してくださいました。

3_201412151741220be.jpg

阿蘇が九州の水がめだと初めて知りました。年間2,500mm以上もの雨が降り注ぎ、九州北部の6本の一級河川になっているとか・・・水源が多いのだけは知っていましたが、熊本だけでなく他県の生活にも影響しているとは

4_201412151741301d8.jpg

19_20141215183319965.jpg

阿蘇と言えば、今は噴火して火山のイメージが強いかもしれないけど 思い浮かぶのは草原です。昔から見る光景なので不思議にも思っていませんでした。「どうして草原なのでしょう?」と質問されて

トルコの山を思い出し「木が育たない岩盤だからじゃ?」くらいに思ったら、大昔から先人達が野焼きをしたりして草原を守っていたのを知りました。

阿蘇たにびと博物館長の梶原さんが、この問題についてツアー中ずっと言っていました。野焼きする人も減っているけど、牛を飼う人も減っていると・・・牛がいないなら餌の草原も必要ないしね~

草原があるから水が地下に染みて、飲料として助かっているのです。これが草原がなくなって木だらけの普通の山になったら途端に困るかも

草原の奥深さを知っただけでも、このツアーに参加して良かったです。野焼きは無理ですが、何かしらお手伝い出来る事があればしたいです。

次は同じく高森にある「草部吉見(くさかべよしみ)神社」に行きました。ここは日本三大下り宮です。

5_20141215174130921.jpg
6_20141215174155090.jpg

下り宮は日本に3つしかないそうですが、そんな有名な神社を今回行くまで全く知りませんでした。

長い石段を下りて行くと見えて来ます。最初の階段は確か58段

7_20141215174158378.jpg

14_2014121517424756f.jpg
15_2014121517425491d.jpg

手水舎で手を清め

8_20141215174206622.jpg

中を覗くと家紋の三つ並びの鷹の羽が描いてあります。

21_201412151833150ca.jpg

拝殿で家族の健康をお祈りしました。

20_20141215183318369.jpg

拝殿の奥に、国龍命が大蛇を退治した時の絵が飾ってあります。

P1140973.jpg

神楽殿には御神木の枝が

P1140965.jpg

本殿の左側・・・アップにしてないけど、凝った彫刻がしてあります。

10_20141215174208c81.jpg

狛犬でしょうか?ユニークな顔をしています。

11_20141215174235185.jpg

下に池が見えます。国龍命が大蛇を切ったとき流れ出た血で出来たと伝えられる池です。

18_20141215174358d12.jpg

塩井社と書いてある鳥居を降りて行くと

12_20141215174241a85.jpg

池には大蛇の像が鎮座してます。横から見るとかわいらしく見えるけど、池の向こうから正面を写すと怖いです

16_201412151743500b1.jpg    17_201412151743569d8.jpg

南阿蘇ビジターセンターは又行く事があるかもしれないけど、草部吉見神社はちょっと離れていて近くに何もないのでもう行く事はないかもです。

連れて行ってもらって良かったです 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。