その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行 伏見稲荷神社
2015年04月06日 (月) | 編集 |
京都旅行の3日目は帰らなきゃいけないので、京都駅からあまり遠くない所を見て回りました。

妹一家は大阪城を見に行くと言うので、私一人で・・・

まず、伏見稲荷神社に行きました。稲荷駅からすぐです。

伏見稲荷大社

稲荷神社は全国に3万社あるといわれ、その総本宮が伏見稲荷大社です。ここは外国の人にすごく人気があるらしく、電車の中も神社も他よりも多かったような気がします。

立派な楼門です。

楼門

楼門説明

この神社で人気があるのは「千本鳥居」です。外国の人には幻想的に見えるのでしょうね

拝殿でお参りして鳥居がある方へ

本殿

ここが鳥居の始まりです。

鳥居入口

早かったのでそこまで人は多くなかったけど、下りる時は上ってくる人で渋滞していました。

鳥居

鳥居 (2)

ずっと上りだからかなり疲れます。鳥居は増える一方では?昨年のも何本かあり、奉納した人の名前も書いてあります。
「千本鳥居」以外に山全体に鳥居があるので、全部では一万本くらいあるそうです。

鳥居 (3)

鳥居はずっと繋がっているわけではなく、あちこちに狛犬ならぬ狛キツネがたくさんいます。稲穂をくわえているキツネもいますが、写真は玉と鍵です。

狛キツネ左    狛キツネ右

玉鍵の信仰があるらしく、「玉は稲荷神の霊徳の象徴で、鍵はその御霊を身につけようとする願望である」とか、「陽と陰、天と地を示すもの」と意味づけられているとのこと。

福繁大神、大岩大神、白玉大神を祀ってあります。

P1150509.jpg

三徳社の龍の手水。苔まみれで年季を感じます

手水

四ツ辻から見た京都市内・・・・四ツ辻は標高165mです。頂上はまだ先ですが、ここで休憩して戻りました。

京都の景色

下る時別の道を通って横から見た鳥居

鳥居 (4)

一気に下まで下り「あれ?おもかる石は?」と近くにいた人に聞くと

「奥の院の所に人が並んでいたからそこでは?」と言われ

又千本鳥居をくぐって行きました 止めようかと思ったけど、もう来る事はないかもしれないしと・・・

奥の院は標高55mです。往復100m以上無駄な事をしました。上る時気付いていれば 

おもかる石説明

私は左の石を持ち上げました。思った以上に軽く感じると願いが叶うと書いてあるけど、思っていたくらいの重さだったので??

おもかる石

一度は行って見るといいかもです。上る時は綺麗な朱色の鳥居をくぐって行き幻想的ですが、下りる時は奉納した人の日付、名前がずっと見えるので興ざめします


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。