その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
京都旅行 三十三間堂
2015年04月07日 (火) | 編集 |
京都旅行の最後は三十三間堂です。疲れていたので東福寺からタクシーで行きました。

三十三間堂

最初にお庭を見て回りました。

庭 (7)

南大門説明

南大門はどこかわからなかったけど、太閤塀はこんな感じ

太閤塀

裏には久勢稲荷大明神が・・・

稲荷明神

稲荷なので狛キツネです。ここで又キツネさんに会うとは

狛犬キツネ    狛キツネ 右

確か通し矢が行われる庭

庭 (6)

中の仏像は撮影禁止です。入る時は靴を脱いで入ります。自分が入れた靴箱を覚えておかないと大変です。

千手観音が10段50列に並んでいて、必ず「あなたが会いたいと思っている人」がいると言われています。

でも~見えるのはせいぜい2段目くらいで後ろの観音様は見えません

50列じっくり見ていくだけでも大変です。「前と後ろの観音さまの入れ替えはあるのかな?」とか「地震があったら倒れないのかな?」と素人的な疑問を持ちながら見て行きました。

途中、「天井に花が見えます」と書いてあったけど どこを見てもわかりません。せめて写真でも貼ってあるとわかるのですが・・・

みんな上を見てキョロキョロしていました。観音様の前を掃除されている方がいたので「花はどこに見えるんですか?」と聞いたら、見慣れているだろうその方も「どこかしら~?前は照明を当ててあったけど・・・」と言いながら探してくれました。

思っていたところと違う天井を指差し、「うっすらと見えるのがそうです」と教えていただきました。

仏像をじっくり見たい方はUチューブでアップされているのでご覧下さい⇒ココ

出口の所に休憩する所があります。あまりに疲れていたので、しばし座ってぼ~っとしていました。

その後、外に出て「駅はあっちの方向ですか?」と歩いている人に聞いて タクシーに乗ろうと思ったら

親切にも「あそこのバス停で京都駅に行けますよ、240円です」と教えてくれました。

タクシーでも千円くらいだと思うけど、せっかく教えてもらったのでバスで行く事に・・・悪い予感はしていたのです

泊まっていたホテルが八条口のすぐそばで、荷物を預けていました。レストランも下にあるのでそこで済まそうと思っていたのですが

バスが着いた所は何口かわかりません。取りあえずお昼も過ぎたので駅の中で食事しようと思ったら、どこも行列ができています。

お店を探しているうちに、どこを歩いているのかわからなくなりました。田舎育ちの私は、博多駅でも迷うのが

京都駅はとても広~うございます。八条口を探すまで30分ウロウロ

ホテルに着いた時はぐったりして動けない状態 

神社やお寺の位置関係は調べていましたが、駅の中は全く調べていませんでした。

疲れている時は、親切を棒に振ってもタクシーを利用しましょう


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック