その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
御朱印
2015年04月08日 (水) | 編集 |
私が御朱印なるものを知ったのは、昨年のどこかのツアーでです。

その後も太宰府天満宮、祐徳稲荷と行ったのに すっかり忘れていました。

京都を旅行するにあたり「御朱印をいただこう」とネットで朱印帳を買いました。参拝する寺院に売ってある所もありますが、他の寺院が嫌な思いをされはしないかと・・・

きれいな朱印帳でしょう~? 間違われないようにクマモンシールを貼り、住所と名前、携帯番号も書きました。私の事だから落とす可能性もあるし

朱印帳

蛇腹のもあったけど、私のは本のようになっている物。

元々 御朱印は参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印だったのが、納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになりました。

今まで、良くお守りやキーホルダーを買っていましたが、使ってないのや失くしたのもあるしで 参拝のあかしになる物が残っていない状態です。

御朱印は、「御守やお札と同じく神仏や寺社名が書いてありますので、御本尊や御神体の分身といっても過言ではありません・」・・と書いてあるので、お守りとして大事にしていこうと思います。

ある神社では、「一番は伊勢神宮なので、そこを空けて書きます」と言われたとか

せっかく昨年伊勢神宮に行ったのに、次行くことがあるのか??

御朱印代は大体300円の所が多いようです。たまに500円とか

どこも御朱印専用の方がいらっしゃるのでしょう。達筆です いただいた御朱印をアップします。

私が最初に行ったのは天龍寺 残念ながらここは印鑑です。 おまけに、御朱印を書く前のページに・・・

天龍寺

これは金閣寺。 書かれたのは優しい女性の方で、綺麗な朱印帳を褒められ、ちょっとお話もしました。

金閣寺

清水寺 同じ寺でも何ヶ所も御朱印がいただけるようですが、私は一ヶ所と決めています。

清水寺

建仁寺 ここは全部細い筆で書かれたようです。

建仁寺

伏見稲荷神社 他は朱の印鑑を3個押されるけど、ここは1個みたいです。

伏見稲荷神社

東福寺 ここは御朱印代が500円で、番号札を渡されました。

東福寺

三十三間堂 

三十三間堂

全部 味があっていいですね~ 私なんかが書いたら「金と朱印帳を買って返せ~」と言われるかも

これから御朱印が増えるのが楽しみです


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック