その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
ノルマンディー展
2015年04月30日 (木) | 編集 |
県立美術館で開催されている「印象派のふるさと ノルマンディー展」に行きました。

P1150782.jpg

絵の事は良くわかりませんが、一応めぼしい絵画展の時は行っています。今回はチラシの写真と、モネの絵も展示されていると言うのに惹かれて・・・・

大体ノルマンディーがどの辺かも知らず、行く前日にネットで調べる程度

フランスと言うだけでも憧れの場所ですが、「パリからノルマンディーへと流れるセーヌ川は、人々の余暇の場所で 沿岸の古い街並みや遺跡は、英国人画家にとって「絵になる光景」の格好の題材になっています」とチラシに書かれています。

その通り、海辺や遺跡の絵が多かったです。

チラシのヴィットリオ・マッテオ・コルコスの「別れ」の絵は、会場でひと際輝いていました

他の絵がほとんど暗い色調で描かれていたのもありますが・・・

熊日新聞に今週から絵と解説が書いてあります。5月2日はノルマンディーに集った画家たち」というセミナーもあるようです。

6月21日までなので、解説をみたり セミナーを聞いてからでよかったのですが、母の写真展が26日までだったので、早めに行きました。

先月は数名で県立美術館の分館で写真展をしました。これも最終日に行ったので、写真のアップはなし

今回は、全日本写真連盟主催のコンテストに通過したので展示されたようです。最初、名前を見ずに見て回り「あれ?どの写真だろう」と目次を見て 探しました

宮崎のお祭りで撮った写真だそうです よくあっちゃこっちゃ行くもんです。

P1150753.jpg

昨年は人吉であった何たら?というコンテストで、すごくいい賞を貰ったみたいです。この写真ですが 我親ながらすごいと思います

P1150340.jpg

私は、相変わらずコンパクトカメラで、逆光をものともせず、ただ適当に撮っています


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック