その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
「ビリギャル」は面白い
2015年05月20日 (水) | 編集 |
ビリギャルを観ました

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話・・・として知ってはいましたが、時に興味はありませんでした。

でもレビューがすごくいいので、不自由な体(これについては後で)で行きました。

慶應大学じゃないとだめなのか?とうがった見方をする人もいるかもしれないけど、インパクトはあるし、慶應だったから本にもなり、映画にもなったんでしょう。

映画を観ると、結果であって どこの大学でもこの映画は成り立つし 感動できるとわかるでしょう。

私も含め、館内ではすすり泣く声がしました。

思春期の子には是非観せたいし、子育て中の人達にも是非観て欲しいです。

彼女をやる気にしたのが、学校の先生じゃなく塾の先生なのが残念だけど・・・・

学校の先生は彼女をクズ呼ばわりしてたし

親として考えさせられました。子育て中に観たかった

私も娘にプレッシャーをかけていたんでしょう。昔は大人しくて、期待にこたえてピアノを弾き、コンクールでもいい成績を収めていました。

結果、音楽と無関係の大学に行き、全く関係ない仕事に付き 家にはピアノもありません。

ま、横道にそれなかっただけ善しとしましょう

さて、わたくし 先週土手からこけました。肩からコンクリートに落ちたようで(どうやって落ちたのか記憶に・・・)鎖骨骨折しております。

クラビクル ブレースというバンドを1日中付け、不自由な生活をしております。(寝る時も)

痛みは時間が解決してくれると思っているけど、今日は昨日より痛いです

かと言って、買い物もしなければいけないので 車には乗っています。ギアチェンジは右手で

右肩じゃなくて良かった、足じゃなくて良かったと自分に言い聞かせている毎日です


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック