FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン旅行1、2日目 マドリッド
2018年10月20日 (土) | 編集 |
10月5日から12日までスペインに行っていました

熊本空港→羽田→フランクフルト→マドリッドとホテルに着いたのは現地の夜中の1時。日本時間だとPM8時かな?家を出て24時間以上の長旅です。

睡眠もそこそこに8時15分ホテルを出て、まずスペイン広場に行きました。白い石像は、ドン・キホーテの生みの親セルバンテス。前はやせ馬ロシナンテに乗ったドン・キホーテとロバの上のでっぷりサンチョ

DSC_2133.jpg

それから楽しみにしていたプラド美術館です。外観は質素?です。

DSC_2155.jpg

この日の為、「ベラスケスとプラド美術館の名画」と言う本を買い、NHKのプラド美術館の特集を見て一応予備知識は入れておきました。

一番有名なのはベラスケスの「ラス・メニーナス」 (黒い縦線は本の折り目)

DSC_0002.jpg

本やテレビで解説を聞いていましたが、実際の迫力は半端ないです。近くで見るより離れた方が遠近感がわかります。あんな昔にこういう技法で描けるのに驚きました。

ピカソが76歳の時にこの絵をモチーフに58枚の連作を描いたのにも納得です。

カツさんの解説が素晴らしく、見るべき視点や内輪話をされ 「ゴヤ」の裸のマハと着衣のマハは、タッチの違い(着衣の方は手を抜いている)など 言われなければ気付かなかった事を話され 引き込まれました。

ガラス越しではなく、全部の作品が真近で見られます。2時間解説を聞きながらでしたが、とても全部は見きれません。又、見たからと言って自分達だけだと「すごいわ~」と思うだけだったでしょう。

大感動して、集合時間まで美術館の前にあった教会に行きました。サン ヘロニモ エル レアル教会です。

DSC_2165.jpg

この教会だけでも見る価値があるくらい、中には素晴らしい絵画があり、装飾も立派です。ちょうど結婚式があっていました。

DSC_2173.jpg

午後はOPでトレドに行きました。

トレドの街並みです この後バスで移動して街を歩きました。

DSC_2178.jpg
  
エル・グレコの「オルガス伯の埋葬」が展示されている「サント・トメ」教会に行きました。絵葉書を買う時間もなくどんな絵が知りたい人は検索して下さい。 ここは事前にネットで見ていたので どんな絵かもわかっていました。

その後行った「カテドラル」が素晴らしかったです。ここは事前に調べてなかったけど、トレドに行ったら絶対ここに行く事をお勧めします。外観は写していません。今他の方が載せた写真を見て、「こんなに立派な建物っだったんだ」と思ってるとこです。

DSC_2189.jpg

主祭壇は、ここを作るのだけでもどれだけの歳月がかかったのかと思うほど手が込んでます。

DSC_2197.jpg

ここにはエル・グレコの「聖衣剥奪」と言う絵も飾ってあります。

DSC_2208.jpg

これもエル・グレコ?。

DSC_2212.jpg
DSC_2213.jpg

カツさんによると、「聖衣剥奪」のキリストの表情は殺される前だというのに、穏やかな表情をしていて下の絵は生身の人間のような表情をしていると言われました。

言われないと、「どっちもキリストの絵だ」くらいにしか思いません。絵は奥が深いです。他にもたくさん絵が飾ってあり美術館並みです。

どんな所か知らず、期待していなかっただけに大感激しました。プラド美術館といい、この日だけでもスペインに行く価値があると思いました。実際この日が一番感動しました


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。