FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン旅行3日目 ラ・マンチャ グラナダ
2018年10月20日 (土) | 編集 |
3日目はマドリッドからグラナダまで大移動です。

ホテルを7時45分に出て(朝食が7時からなのでゆっくり食べる事も出来ませんでした)ラ・マンチャに向かいました。映画にラ・マンチャの男ってありますよね?どんなのか知らないけど

そこで白い風車を見ました。風が強かったけど空が真っ青です。

DSC_2230.jpg

ラ・マンチャの風景です。

DSC_2241.jpg

いよいよグラナダです。旅行1月前にアルハンブラ宮殿の予約が取れないから見れないかもと手紙が来ましたが、数日前に取れましたと連絡がありました。近年すごく予約が取りにくいようです。

ツアーのメンバーのお友達は予約がいると知らずにグラナダに来て入れなかったそうです。どこでも予約がいるので、個人で行こうと思っている方は良く調べた方がいいです。

入口までは少し歩きます。入場券は3回チェックされるので最後までなくさないように!!

DSC_2255.jpg

装飾はアラベスクと呼ばれる幾何学模様でされています。

DSC_2261.jpg

DSC_2256.jpg

DSC_2263.jpg

ナスル朝宮殿の中で、特に美しい二姉妹の間。鍾乳石飾りでとても綺麗です。

DSC_2294.jpg

八角形の天井は、預言者を追手から守った巨大な蜘蛛の巣を表し、5416個もの鍾乳石飾りが緻密な計算によって施されています。これは「ムカルナス」と呼ばれるイスラム建築特有のデザインです。

DSC_2292.jpg

有名なライオンのパティオ。

DSC_2285.jpg

これは絵葉書 人が多くてこんな写真は撮れません

DSC_0004.jpg

綺麗な庭園もあります。広大な敷地には四季折々の花を植えてあるそうです。

DSC_2328.jpg

宮殿から見たアルバイシン地区

DSC_2299.jpg

どこかの中庭ではギターを弾いている人がいて、2曲目に「アルハンブラの宮殿」を弾いてくれました。

夕方の景色も綺麗なんでしょうね。ドビュッシーの曲に、 版画 の第2曲「グラナダの夕べ」と言うのがあります。ドビュッシーはグラナダに来たこともないもにこの曲を書いたどか。絵か映像を見てインスピレーションを得たのでしょうか?

夕方までいなかったので見れなかったグラナダの夕暮れです。これも絵葉書

DSC_0005.jpg

夕日に浮かぶ赤いアルハンブラ宮殿が神秘的ですね。

芸術家もたくさん輩出しているスペインですが、名曲もたくさんあります。アランフェス協奏曲にしてもどれも物悲しいのは何故でしょう?

アルハンブラ宮殿の予約が取れて良かったです。ちなみにアルハンブラ宮殿の意味は「赤い城」グラナダは「ザクロ」だそうです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。