FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
短時間で行くなら徳寿宮
2019年06月10日 (月) | 編集 |
3日目は、まず清渓川(チョンゲチョン)まで歩いて散策しました。ウォーキングやランニングには最適な場所です。

戻って徳寿宮(トクスグン)に行きました。ここはホテルから近く、何度も前を通ったことはありますが、行ったのは初めて

徳寿宮

韓国は入場料がとても安いです。景福宮(キョンボックン)で30000ウォン。徳寿宮(トクスグン)は、なんと10000ウォン。

自分たちで見て回っていると、パンフレットに日本人ガイドが9時半からあると書いてありました。愛知からの2名の方と4人で案内してもらいました。

中和殿の前には品階石が両側にあります。どっちかが文官でどっちが武官です。

中和殿 前

中和門には日本でいう狛犬のヘテが両側にいます。

ヘテ2

顔はちょっとマンガっぽいです。

ヘテ

中和殿の内部

中和殿 中

静観軒は韓式と洋式の折衷で、皇帝が休む場所として使われました。

静観軒

開けっ放しなので雨や嵐の時はどうなるのか?

静観軒2

静観軒3

咸寧殿(ハムニョンジョン)は皇帝の寝殿で1897年に建立、1904年の火災の後に再建されました。

咸寧殿(ハムニョンジョン)

咸寧殿(ハムニョンジョン)の隣にある徳弘殿(トクホンジョン)は外国の使節たちと接見する場所として使用されていました

徳弘殿(トコンジョン)

立派なシャンデリアがあります。

シャンデリア

昔御堂(ソゴダン)は徳寿宮唯一の2階建ての建物で、他の建物に見られる丹青(タンチョン)が施されていません。日本の家屋のようです。

昔御堂(ソゴダン)

景福宮に比べると10分の一くらいですが、交代式もあります。

交代式
交代式2

狭い範囲であるので真近で見られます。写真撮影も景福宮の何倍も時間を貰えるのでほとんどの人達と撮らせてもらいました。

武官と    文官と

偶然、日本語のガイドに間に合いましたが、行かれるなら絶対ガイドして貰った方がいいです。9時半と16時です。
11:00、14:00、15:30の交代式も・・・
  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック