FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
田村響 ピアノリサイタル
2008年10月22日 (水) | 編集 |
田村響ピアノリサイタルに行きました

田村響

友人に「音楽雑誌ですごく褒めてあるよ、行かない?」と誘われたけど、名前は聞いたような気がするけど、恥ずかしながらどんな人か知りませんでしたase 「行ってもいいよ~」と軽い気持ちで答え、チケットを買ったのは数日前。

プログラムをちらっと見た時、そんなに聴きたい曲もなかったので期待していなかったのですが・・・・最初のバッハを弾き始めた途端「なに、これ?」と胸騒ぎが 

プログラム

遠い昔、弾いた事がある曲が、彼が弾くと別の曲みたいに聴こえました。流れるパッセージは真珠を転がしたような、ころころと心地よい響きだし、とにかく音がきれい

次のテンペストも同じく、3楽章などはピアニシモがすごく綺麗に響き、「こんな曲だったんだ~」とあらためて思いました。

今まで、有名どころではリヒテル・キーシン・ブーニン・フジ子ヘミング・・と聴きましたが、こんなに感動したのは初めてです。

休憩後の、リストの2曲は対照的で、「孤独の中の神の祝福」は初めて聴きましたが、優しい、とても綺麗な曲でした。普通の人が弾いたら、地味で大人しい曲にしか聴こえないかも・・・

最後の「ダンテを読んで」は、テクニック的にも難しい大曲で、あまり弾かれませんが、こんなに音楽的に弾かれたのは初めて聴きました。

若いのに、力やテクニックに走ることもなく、全曲、隅々まで丁寧に弾いてありました。

アンコール3曲終わるまで、誰も立ち上がらないのも初めて・・・
普通、プログラムが終わったら、アンコールが始まる前に数人、1曲弾き終わるごとに席を立つ人がいるのですが・・・

みな感動しているのが、表情でわかります

フジ子ヘミングの音が、科学的に「人を癒す効果がある」と以前テレビで放送していたと思いますが、彼の音からはα派がバンバン出ているのでは??

すごく綺麗な音でうっとりしますが、眠くなるのではなく、引き込まれて、音を聴き逃すまいと聞き入ってしまいます。

今、プロフィール見たら1986年生まれだから、まだ22歳?すごすぎる!!

近い将来、日本人ピアニストと言えば田村響と言われる日が来る事、間違いなしbikkuri01


コメント
この記事へのコメント
ブラボー
期待を裏切らない素晴らしい演奏でしたね!細部まで一音一音行き届いた神経、大曲ダンテを読んでも一糸乱れないのには驚きです。スケルツォはコンサートで弾いたことがあり懐かしく20代を思い出しました。私たちも 心をこめた音を目指し より良い演奏しましょうね!!因みに お父さんは調律師 お母さんはピアノ教師だそうよ。名前もいいねー。
2008/10/23(木) 15:25:27 | URL | ピアノ大好きA #-[ 編集]
両親共、音楽関係でしたか・・・環境も整っていたわけですね v-410
毎年、熊本に来て欲しいな~!

私も音を良く聴いて、綺麗な音色で弾くように心がけなきゃv-411e-343

2008/10/23(木) 21:46:22 | URL | コロンです #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック