FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
ゲルハルト・オピッツコンサート
2008年12月05日 (金) | 編集 |
昨日、ゲルハルト・オピッツ ピアノコンサートに行きました ピアノ

ドイツのピアニストで、ベートーヴェン弾きとして有名です。

ピアノコンサートにしては高いチケットにもかかわらず、県劇のコンサートホールにはたくさんのお客が入っていました。

曲目は「悲愴」「月光」「テンペルト」「熱情」と有名なベートーヴェンのソナタ 五線に音符(*゚▽゚)四分x3-赤緑青

私の学生の頃は、受験の課題曲と言えばベートーヴェンのソナタでした。なので、高校生の頃よく弾いていましたが、和音が多く、がっちりした曲なので好きではなかったです。あの頃はベートーヴェンのよさもわかっていなかったし・・・

ソナタを弾いたと言っても、全楽章弾いている人は少ないと思います。受験やコンクールの課題曲では、速い楽章(1や3)しか出ません。

全楽章弾くと、1曲で30分近くかかります。「熱情」は30分以上・・・

題名がいいですよね~ベートーヴェンらしい。「月光」を「月の光」にすると、ドビュッシーの曲にありますが、柔らかい感じがします。

出だしなど、静かだけどやはり毅然とした感じがします。

「テンペスト」は田村さんも弾きました。聴いている場所が近かったからか、細部の音の響きは田村さんの方が綺麗だったかなと思ったけど、友人はオピッツさんの演奏の方が流れていたと言っていました。

オピッツさんは、ベートーヴェンは十八番ですごく研究して弾き込んであるので、「これぞ古典派ベートーヴェン」と言う演奏でした。

多分、小曲でも大曲でも同じ感じで弾かれるでしょう。

「熱情」は私は遊び?でちょっと練習しましたが、ものすごい大曲です。出だしの和音で上がって行くところで息切れしてしまいます・・・練習したのは1楽章だけ

それを30分以上、何事もないように弾かれるんですからね~寝る

演奏が終わって、万来の拍手が鳴りやまず、何度もステージに出て挨拶されましたが、残念ながらアンコールはありませんでした。 ase

しかし、とてもいいコンサートだったです

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック