FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
仲道郁代ピアノリサイタル
2009年02月15日 (日) | 編集 |
益城町文化会館であった「仲道郁代ピアノリサイタル」に行きました 1時半開場の2時開演

仲道郁代
又かとお思いでしょうが、今日も道に迷いましたaseこの前オペラで行った時は、友達の運転で、夜だったのであまり覚えてなくて・・・涙

ここは、以前何度も行った事があるけど、よく行っていた頃はまだグランメッセが出来ていない時で、高速沿いを通って30分で着いていました。

「オペラの時と同じ道を行こう!」と運動公園の横を通って行ったのが間違い

40分かかったとしても、1時半には着く予定が、迷いに迷って着いたのは開演10分前。昼でこれだから、夜だったら多分間に合ってないase

おまけに会館前の駐車場が空いてなくて、10分の第2駐車場から早足で会場へ

席に着いたのは2時ちょうどで、今からなのに疲れてぐったり・・・今日行った友人達とは、方向が違うから私一人で行ったのよね~でも迷ったおかげで、近道を覚えたけど汗1


前置きが非常~に長くなりましたが、今回のコンサートは益城町と三井住友海上文化財団の助成で、何とチケット代は1000円でした。

彼女クラスなら3500か4000円はしますよ。プログラムはモーツァルト・ベートーヴェンのソナタとラフマニノフの前奏曲から3曲・ショパンのバラード3番とスケルッオ2番と盛りだくさん♪

一つ一つ解説をしながらの演奏で、途中には東京から同行された調律師の方を交えての、ピアノの構造とかのお話しも・・・

前の席で響きもいいせいか、モーツァルトはこまめにペダルを踏んでいらしたけど、もっと少なくてよかったような・・・他は素晴らしかった

仲道さんは、ピアノの腕も確かなのに、ビジュアル的にも綺麗で、性格も優しそうな3拍子揃った珍しい人です。ピアノだけうまい人はたくさんいるけど・・・

だからでしょうか?毎回最前列にはおっかけと思われる人が・・・こんな田舎に東京から聴きにいらしてたそうです。手書き風シリーズ30顔5

チケットがお安かった分?CDを買い、演奏後にサインと握手をしていただきました・・・ドライブ用に耳障りの良い夜想曲集を
CD.jpg
どちらかと言えば華奢な体なのに、大曲を弾いても息切れ一つせず、笑顔で次の解説をされるのには驚きました。

熊本に来られたのは、前回が15、6年前だそうですが、毎年でも来て欲しいです

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック