その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
野原みどりコンサート
2009年11月13日 (金) | 編集 |
芸術の秋です。野原みどりさんのチャリティーコンサートに行きました 場所は九州ルーテル学院大学のチャペル

写真の影響か、食欲の秋だけの印象を強く持っている人がいるみたいですが 

野原みどりさんは、リスト国際コンクール第2位、ロン=ティボー国際コンクール優勝と輝かしい経歴の持ち主です。聴くのが初めてなので楽しみでした

プログラムがいいんですよ。よく知っている「きらきら星変奏曲」やシューベルトの「即興曲」、「ベルガマスク組曲」が第1部・・・難易度が高くないからコンサートではあまり弾かれません。

上手な人が弾くと簡単な曲も難しく・・・と言うか「こんなに素敵な曲だったんだ~」「私も弾いてみよう」と言う気になります。

ベルガマスクと言ってもわからないでしょうが、その中に「月の光」があります。これはどこかで聴いた事があるはずです。

第2部にラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」を弾かれましたが、私の大好きな曲です。ラヴェルと言えば「ボレロ」くらいしかメジャーじゃありませんが、しっとりしたいい曲なので是非ネットででも聴いて欲しいです。曲名も素敵

そんなに難しくないので、たま~に気が向いた時弾くけど、きちんと弾くとこんな曲なのね~

リストは「エステ荘の噴水」と「波を渡る パラオの聖フランシスコ」を惹かれました。リストと言うと派手で難しいと言う印象がありますが、エステ・・・はとても綺麗で優しい感じの曲です。これも是非聴いて欲しい。

波を渡る・・・も好きな曲ですが、これはちと難しいです。

最後にベートーヴェンの「月光」・・・これは全楽章弾かないと、1楽章だけでは物足りません。音大の受験では、1楽章が課題曲になる事がありますが、この曲は1楽章がゆったりしているので課題曲になる事はありません。

チャペルでどうだろう?と思ったけど、音はよく響いていました。PPの時、雨の音がザーザー聞こえたけど・・・

野原さんの演奏はどれも素晴らしく、腕を脱力して弾いていらっしゃるので fの音も硬くなく、音色もとても綺麗でした。

アンコールの最初がシューマンの「トロイメライ」で、2曲目がなんと日曜のホームコンサートで弾くリストの「愛の夢」

これを聴いただけでも行く価値がありました今日のイメージで明後日弾けたらニャ~・・・

ちなみに野原さんはを飼っていて、楽譜をよく食べられるそうです


コメント
この記事へのコメント
良かったネー!  誰もが 彼女の音の美しさを褒めてますよ。
深澤亮子さんに就いてたようで納得!   雨の音 どうかなーと思ってましたが これもまた 自然でいいのでは? ショパンの ”雨だれ”でも弾かれれば 雰囲気でたかも。
明日の 演奏 楽しみでーす!!!
2009/11/14(土) 14:39:56 | URL | ピアノ大好きA #-[ 編集]
当日までどうしようか迷ったけど、行ってよかったですv-411
雨の音はザーザーだったので、「雨だれ」でもどうかな~

明日ね~間違わない事を祈るのみですe-441
2009/11/14(土) 20:23:45 | URL | コロンです #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック