FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
タヴェルナ・ダ・ミズモト
2009年11月30日 (月) | 編集 |
青井神社裏にある、イタリア料理「タヴェルナ・ダ・ミズモト」に行きました

数年前オープンした時テレビで見て、いつか行きたいと思っていたお店です。口コミやブログで味はいいけど、「いらっしゃいませ!」の言葉もなく愛想が悪いとは書いてあったけど・・・

2日前に予約しようとしたら「予約ですか~?」と気のない返事。「したらいかんとだろうか?」と思いながらも混んでいたら待つ時間はないので、「11時半にお願いします」と一抹の不安を覚えながら予約しました。

しょっちゅう青井神社に行く母はこの店を知りませんでした。青井神社が職場のさがらヒストリアの若い人も、知っているけど行った事はないと言う返事。

ここから離れた所にある、私の同級生がしているイタリアンのお店には行った事があるらしいのに・・・なぜ?

11時半ちょうどにお店に行き、私が概観の写真を撮っていると
ミズモト表
母がドアを開けようとして「閉まってるよ~」と言ってます。「うそ~休みなの~予約してるのに~」と言ってたら、中から鍵を開けられました。今見るとドアに「CLOSED」の文字が見えます。

帰りにもらった名刺に11:30~と書いてありますが、もう11:30だったし、予約してるんだから せめて数分前には開けて待っているのが普通では??

ある程度の対応は予想してたけど、これは想像の域を超えてました

当然閉まっていたので誰もいません。       厨房ではオーナーが一人でせっせと作っていまた。 
座席    厨房
リーズナブルなお値段じゃありませんか。他のメニューは出てなかったので、夜がどうなのかドリンクがいくらかはわかりません。ワインメニューはデザートの横の黒板に書いてありました。
メニュー
今見ると、しょうがのプリンとかありますね~。飲み物とセットはないのかな?
デザートメニュー
魚介とフレッシュトマトのスパゲティーのAコースをチョイス。イカ墨のリゾットも美味しそう~

最初にサラダと具沢山のスープが来ました
サラダ  スープ
全部パンなんです。黒いのはイカ墨のグリッシーニと言うパンで、乾パンのような味がしました(若い人は知らないかも)
パン
エビ・カニ・ホタテにあさりと豪華です 味は今回だけかもしれないけど、ちょっとはっきりしない感じでしたが、魚介類の多さに感動でした。
パスタ
満足して食べ終わり、メニューを見るとドリンクが付くと書いてあります。どれにでも付くんじゃないかな~?でも聞かれないしな~と思いながら、厨房に行き「ドリンクは付いていますか?」と聞くと「はい」と言われたのでホットコーヒーを・・・普通こっちが聞く前に聞くよね~

コーヒーの写真は取ったつもりだったけどない コーヒーが運ばれたらデザートも メニューには何故か書いてありません。口コミにも書いてあったから今回が特別ではないはずなのに・・・・??


かぼちゃのプリンとりんごのシャーベットです。プリンは初めての味でほんのり甘く、シャーベットはりんごの酸味が、プリンの甘さに対してちょうどよく、とても美味しかったです。
デザート

厨房の方で声がしてた気がしたけど、オーナー一人なのかな~?12時半に店を出るまでお客さんは来ませんでした。モニターが60数名いたし、土曜だったのに・・・

この値段でこの内容です。一度行った事のある人は又行くはずです。

私が思うに、オーナーは愛想が悪いと言うより、接客がへたなんだと思います。職人なんでしょう

もし、奥さんがいるのなら電話や接客を奥さんにしてもらい、オーナーはひたすら料理を作る事に専念されたらどうでしょうか?

窓にスタッフ募集の張り紙がありました。明るい接客上手な人が来たらいいですね~

裏とは言え、青井神社のすぐ横と言う高立地条件です。駅にも近いし・・・
国宝になってから5倍の参拝者が訪れているそうです。私が友達なら、駅にパンフレットを置いてもらい、店の前にはメニューを置くようにアドバイスします。

地元の人があるのを知らなかったり、食べた事がないのでは話になりません。それも毎日のように青井神社に行く人がですよ~

このお店が人吉を象徴してるようです。いい意味では商売っ気がなく、悪い意味では不親切。

悪い感じのオーナーじゃなかっただけに、応援したい気になりました。今のままじゃ、ほんとにおしいです。

住所 熊本県人吉市上青井町120-5
電話 0966-22-3471

ランチ   11:30~14:00
ディナー  17:30~22:00

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック