FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
歴史文化の祭典
2009年11月30日 (月) | 編集 |
17時からようやく今回のテーマ「歴史文化の祭典」が始まりました。普通、バス旅行というと9割女性です。今回のモニターには男性の参加が多かったのでびっくりしました。歴史に興味がある方が参加されたみたいです。女性も一人での参加が多かったのも特徴かも・・・女性は仲間がいないと一人では行動できない人が多いんですけどね

「人吉球磨の伝統芸能」と言うことで4つの踊りを見せていただきました。

球磨神楽・・・災害を祓い清めるため、又は諸願成就の祈願神楽として、数百年にわたって継承されてきました。
球磨神楽
鬼木臼太鼓踊り・・・源平合戦を表現していると言われています。見えにくいですが、子供達もいます。子供達は早くから着替えていて、待ちくたびれた事でしょう。
鬼木臼太鼓
西間(にしあいだ)建築踊り・・・太鼓や鐘に合わせて、大工さんが持つ昔ながらの7つ道具の尺棒・鎚・斧・ちょうのう・かんな・のみ・金槌や左官が持つ受け皿・こてなどを使って賑やかに踊ります。めったに踊られることがない踊りだそうです。
お囃子 西間建築踊り
球磨の六調子・・・球磨・人吉を代表する民謡の一つで、球磨の里人達が宴会の席で歌い踊り、生活の場で口ずさみ親しんできた軽やかな旋律と歌詞に合わせてユーモラスに踊ります。
球磨の六調子2 球磨の六調子
最後に「みんなで踊りましょう」と見ている人も参加して・・・当然?母も踊っていました

この後、歴史文化のシンポジュームと題して来賓の人の話が

よかったと言う人もいたけど、写真家の女性の25分の話は長かったな~
夜で外だし、簡潔に心に残る話をして欲しかったです。次が県立大の理事長、宮司さんのお話。

3人で1時間、伝統芸能より長いです。毛布は置いてあったけど、寒さにぐるぐる巻きつけて聞いている人達がたくさんいました。暖かい日だったから、防寒してない人もいましたからね~
盆地の寒暖の差を知っている私は、昼は上着を脱いでいてもダウンを持って行ってたので寒くなかったけど。

送って来たスケジュールにはどこであるとは書いてありませんでした。まして、食事も外でとは・・・
一言、書くべきでしょうね~書いてあったら防寒の準備をして行くはずです。

私も、地産地消の夕食交流会と書いてあるけど、移動時間はないし、夕食が1時間で終わるのかな?とは思っていました。まさか、外で立食とは想定外でした。

大好きなひまわり亭で作られた料理みたいでしたが、画像でもわかるように この暗さです。

テーブルに料理を取りに行っても、皿の中に何があるのか見えません。どんな料理があるのかの紹介もないし・・・

疲れていたので、立って食べる元気はなく、神楽を見ていた場所に座って食べ、「さ、次何食べようかな?」とテーブルに行ったら???どのテーブルを回っても料理はありません。「あった~」と思ったらたくあんだけ 次の日聞いたら、鮎もあったそうです。姿、形も見てないけど、どこにあったんだろう?

1時間の予定が15分もしないうちにすっからかんになったので、「料理もなくなったのでお開きにします」と3本占めで終わりました。

翌朝、出発前の50分に意見交換会がありました。5,6人のグループになり、意見を書いて発表する形式

たくさん出ましたね~人吉を愛するが故の意見でしたが・・・

大体、出発の3日前にしかスケジュールが送ってこないというのはあんまりです。みんな不安だったと言っていました。

普通のバス旅行だったら、他人にかかわらず行って帰りますが、今回は一応モニターです。(結局、何のモニターがわからないままだったけど)

行きの1時間半のバスの中で、マイクで自己紹介させるとか、昼食や温泉、他見所の案内をするとかして欲しかったと言う意見がありました。私は、ヒストリアの人の後ろだったから、谷水薬師の場所や踊りや夕食がどこであるのか聞きました。紅葉を見に行くと決めていたし・・・

11時に解散して放り出され、どこに行けばいいか困った人も多かったでしょう。

会の人も言われたけど、観光客がいきなり増え、どう対処していいか戸惑っているのが現状みたいです。

「人吉=人善しです」と言われたグループがあったけど、本当に私が言うのも何ですが人吉の人はおっとりして、みな親切です。でも、のんびりしているのはいいけど、観光地なのだから、もっと観光客に優しく(わかりやすく)する努力をして欲しいです。

現在観光客は増えても、日帰りや通過して泊まるのは鹿児島にという人が多いです。長く人吉に引き止めておくにはどうしたらいいか?温泉の魅力をもっと出すとか、旅館、ホテルに泊まりたくなるようなサービスをするなど よその観光地に行ってでも勉強したらどうでしょう?

どうも、温泉などは自分のとこだけと言う感じがします。横のつながりを持って、「青井さんもいいけど、人吉の温泉めぐりをしよう」と言われるようになって欲しいです。それだけのいい泉質なんですから・・・

色々書きましたが、とてもいい経験をさせていただきました。もっとたくさんの人とお話できたらよかったのですが・・・今回の意見を参考にしていただき、魅力的な人吉になることを願っています。

コメント
この記事へのコメント
ちょっと尻切れトンボ状態だったみたいね。
私が思うに、九州さがらヒストリア自体の問題なのかも?
新しい風を入れる事はとても必要な事なんだと思うけど
その人たちが何をやったらいいのか分からない状態なのかな?
もっと旅館組合や商工会、観光案内人の方に協力を依頼するとか、
うまくバックアップしてもらって盛り上がるような行事ができたかもしれないのにね。

それに比べたら、「さくらの会」とか商工会とか一生懸命おもてなしをしようとアイデアを出して実行していると思います。先週の肥薩線100周年記念行事で人吉駅近辺は熱かったよ!
コロンさんの歯痒い思いは良~く判ります。
どんどん意見を言って人吉をより良い街に変わってもらわなきゃね。
ヒストリアさんのこの行事で人吉のイメージダウンにならない事を願うばかりだけど、
本当に何のためのモニターなんだったんだろうね?
2009/11/30(月) 23:46:01 | URL | うさぴー #5K4AX58M[ 編集]
今回のこの企画は、人吉がバックアップしてと思っていましたが、人吉新聞は知らなかったし、驚くことに主催と書いてある商工会議所の人も知りませんでしたe-451

うさっぴさんが言うように、九州さがらヒストリアが自分達だけでされたみたいです。県外の人達が多かったのだから、もっと盛りだくさんの企画を考えてもよかったのでは?と思います。

何しろ、朝着いて行事は17時から・・・19時過ぎには終わったから正味2時間です。あくる日は10時には人吉を後にしましたからe-263

もともと人吉が好きな人はいいけど、初めて来た人達はどう思われたでしょうね?参加した人はてっきり人吉の企画だと思ったでしょうし・・・
2009/12/01(火) 20:20:20 | URL | コロンです #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック