その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
ウルルの森の物語
2009年12月15日 (火) | 編集 |
「ウルルの森の物語」の試写会に行って来ました。ツキはまだ続いてるみたい

ウルルとは女の子がウルフをうまく発音出来なくて言った言葉

森でみつけた子犬がオオカミの子では?という事から、しかるべく機関に預けられそうになります。

それではもう会えないし、お母さんを探して森へ返そうとウルルを逃がします。

それからは、絵本の中の「オオカミの国」と呼ばれるホロケシを探して兄妹が森の中へ行く物語です。

野生の動物を森に戻す時、爆竹を鳴らして怖がらせていたときは「どうしてそんなひどい事をするの!」と怒っていた兄妹が森で母オオカミを見つけ、ウルルを森に返すためにビー玉を泣きながら投げるシーンは涙が止まりませんでした

森に行ったらもう会えないのに・・・

以前、アメリカだったかな?ライオンを育てて森に返して、1年後に会いに行ったらライオンが覚えていてじゃれてきていました。2年後も覚えてて・・・こういうのは例外なんでしょうね~

我が家の箱入りお嬢さん達は、山に置いてきたら覚えているかしら?

昴役の桑代貴明君がよかったですね~演技が自然でした。

子供さんと見たらいい映画でしょう! 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック