その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
鎌倉観光1
2010年04月06日 (火) | 編集 |
久しぶりの東京で、めったに行けないので鎌倉にも足を伸ばしました。

ガイドブックを見て、自分達で回ろうかと思ったけど、江ノ電定期遊覧バスで観光する事にしました。

コースはしずか号で、鎌倉駅前を10時20分発です。

まず、鎌倉五山の第一位の建長寺に行きました。ここも桜が綺麗でした
建長寺  建長寺桜
入ってすぐ右手に国宝の梵鐘があります
梵鐘看板
梵鐘
庭には、750年前に中国から持ち込まれた大きなビャクシンが7本あります。
ビャクシン
仏殿には5mある地蔵菩薩が安置されています。人が多かったので、ゆっくり見れなかったのが残念
地蔵菩薩
裏手の法堂の天井には、小泉淳作氏が描いた「雲龍図」があります。
雲龍図
庭園が素晴らしい~建物の中からなので、全体は広くて写せません
庭園
次は鶴岡八幡宮です。以前行った時は横切っただけのような・・・
八幡宮
バスだったので途中から入ったけど、本当は参道の段葛の750mある桜並木を歩きたかったです。
桜並木2    桜並木
舞殿では結婚式があっていました。舞殿の回りはこんなに人がいます。
結婚式   舞殿
折れたイチョウ・・・シンボルだっただけに残念です。根付くのを願う記帳があったので、記帳しました。
折れたイチョウ
八幡宮から次の鎌倉宮へ
鎌倉宮説明
書いてあるように、護良親王を祭ってある神社です。ここでは住職が境内を回って説明して下さいました。

幽閉されていた土牢・・・中は狭く見えたけど、8畳あるそうです。でも、ここに9ヶ月も入れられていたなんて信じられません。
幽閉された土牢
他に首塚と言う不気味な塚もありました。
首塚
この寺は、獅子頭のお守りが有名です。護良親王が戦いに赴かれる際、兜の中に獅子頭のお守りをしのばせていて助かった事から・・・獅子頭は古くから「厄(悪いもの)を食べ、幸せを招く」と言われています。

実際、車に置いていて事故で車は大破したのに助かった方達がお礼に来られたそうです。その話しを聞いて私も買いました。
獅子頭正面  上から見たとこ
まだまだ「しずか号」の旅は続きますが、ここで力尽きたので後編は又・・・

コメント
この記事へのコメント
ひぇ~! まだまだ続くってことは、まだまだあちこち行ってきたってこと?
東京に行くだけでくたびれてるかと思って心配したけど、充実したお出かけみたいで、よかったねv-7

獅子頭のお守り、なんか頼もしいね☆
緑内障も食べてくれないかねぇ・・・v-390

2010/04/07(水) 00:41:48 | URL | やまばば #-[ 編集]
やまばばさんは昨年行ったのよね?どこか観光したのかな

桜が満開の時で、どこも人が多かったけど行ってよかったです。e-257特に千鳥ヶ淵は、今までで見た風景で1,2を争う素晴らしさでしたv-352

緑内障・・・私が生きてるうちに治るようにならないかな~これだけ医学が発達してるのに、どうして治せないんだろう??
2010/04/07(水) 22:57:04 | URL | コロンです #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック