FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
高千穂神社と天岩戸神社
2010年05月17日 (月) | 編集 |
幣立神宮から30分で高千穂に着きます。ご存知でしょうが、ここは宮崎県

高千穂峡には行った事がありますが、何せ今回はパワースポット巡りなので、高千穂峡を通り過ぎて高千穂神社へ
高千穂宮由来
読んでもよくわかりませんが、知っているのは天孫降臨の地である事だけ・・・。

幣立神宮に行くと決めてから、パワースポット特集が3回ありました。その中で数日前に高千穂の事を言っていましたが、行く予定にしていなかったので、しっかり観ていなく、もう少し予備知識を持って行けばよかったと思いました。

本殿・・・わりとこじんまりとしています。
高千穂神社
お参りをして横を見ると、人型に住所と名前を書いて息を3回吹きかけると人型が罪、穢れを身代わりにしてくれるとあります。関係ない?と思ったけど、お払いしてもらう事にしました。
お払い人型   人型
本殿の左に行くと、テレビでも観た根っこが繋がっている夫婦杉があります。幣立は人知れず、ひっそりと立っていますが、ここでは大々的に祭ってあります。
夫婦杉
沈め石を見るため、本殿の横に行きました。幣立は龍でしたが、ここは鳳凰みたいです。(上の方)
高千穂本殿横
沈め石由来
この石もパワーがあるそうです。
沈め石
確か橋を渡って洞窟みたいなのもあるはずと、神社の方に聞くと「それは天岩戸神社でしょう」と教えていただきました。知識がないもんで、てっきり高千穂神社にあるものと・・・

違う道を通って駐車場へ降りて行くと、獅子が2対ありました。同じなので写真は1枚。気づかなかったけど今見ると、子供の獅子もいますね~
獅子
天岩戸神社へ行くと、駐車場も空いてるしあまり人もいません。高千穂神社があれほど多かったのに??
天岩戸東
鳥居をくぐるとすぐ鈿女(うすめ)という神様?が踊って出迎えてくれます。注意書きを読むと、天鈿女命が身振り面白く天照大神を誘い出させる舞と書いてあります。天岩戸神楽に出てくるのでしょうね。
うすめ
本殿まで長い階段があります。本殿の写真は撮り忘れたけど、あのテレビで観た橋や洞窟はありそうもありません。
唯一いらした参拝者の方に聞くと「それは西の方です」と言われました 神社に着いた時「東」の文字が少し気にはなったけど・・・

西本宮に行くと、駐車場も人もいっぱい。この景色を見て「ここ昔来た事があるわ」と思い出しました。子供が小さい時・・・すっかり記憶から消えていました
天岩戸西
神社でお参りをしたら目的の場所へ。この標識の通りに行くとテレビで観た橋が見えてきました。
天安河原看板
橋
川原に降りて下から見た橋。神秘的でしょう?橋の下が一番パワーがあるそうです。結局どこでも何も感じなかったけど、ここだけは他と空気が違ったような・・・涼しいんですよね~ひや~っとして
下から見た橋
橋を渡って進むと、異様な光景が。ただの石ころに見えるかもしれませんが、全て石を積んであります。積もうにも石1個もありません。あったとしたら積んであったのが、崩れたものでしょう。
石積み
大きな洞窟です。石を探さなきゃと川に行ったので、もっとゆっくり見ればよかったな~
洞窟手前
ここが最後で、一番神様がいらっしゃるところなのに、お賽銭が・・・ほんとの小銭しかなかったけど、しっかりお願い事はしてきました。

ならお札を入れればいいじゃん!とお金持ちの方は思われるかもしれませんが、生活するのがやっとの私にそんな勇気?はありません 
天岩戸、、
最初に西本宮に行ったら東本宮には行かなかったでしょう。東本宮は、思兼神が岩戸から御出ましになった天照大神の御手を引いて御鎮座遊ばされますよう願い上げられた、伝説のお社。と書いてあります。

神様がここもお参りするようにお導きになったのでしょう。 先祖は神に近かった私?ですが、現世では凡人です。パワーをもらった日にと宝くじを買いました

又行きたいですね~今度はもう少し勉強してから・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック