その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
美術館コンサート♪
2010年05月22日 (土) | 編集 |
美術館であったコンサートに行きました
美術館コンサート
134回と書いてあるけど、行ったのは初めて。NHKを見ていてコンサートのお知らせがあり、ピアノが有島京さんなので行きました。

有島さんは人吉出身で、中学校の後輩です。最近、ショパン国際ピアノコンクール in ASIAで金賞を取ったのが新聞に出ていました。一度テレビで弾くのを聴いた事がありますが、「素直なピアノだな~」という印象でした。

残念ながら、4月にポーランドであった予備審査で落ちて本選には出れないみたいですが、世界のショパンコンクールです。受けられるだけでも大したものです。10月からポーランドに留学されるそうなので、暫く彼女のピアノは聴けないかも・・・

美術館コンサートはいつも満員で遅いと立ち見と聞いていたけど、120席しかないので100人くらいは立ち見されていました。私は昼には席を取り、1時には戻って来たのにもう満席でした。

昔のお姉さん?達が多く常連さんなのでしょう。ただ、いい音楽を聴きたいという感じかな~今日弾かれた曲も知らないんじゃ?

今日弾かれたショパンのエチュード(練習曲)の一つ作品10-4は、先日「題名のない音楽会」で小林愛実さんがすごいスピードとパフォーマンスで弾いていましたが、有島さんは派手さはなくしっかりと弾いていました。

私がこの曲を弾いたのは、音大に入ってからで、先生に「もっと早く~」と言われてヒィ~ヒィ~言いながら練習したものです

曲の合間にアナウンサーが京さんに質問していましたが、「う~ん・・・あの~・・・」と中々答えが返ってきません。たまにピントが外れた事を言って会場を沸かせていました。いったん喋りだすと止まらないみたいで、違う事を喋っていて「あれ?どんな質問でしたっけ?」と言う面白い一面もありました

今日の演奏は、金曜の18時にNHKのFMで放送されます。会話の部分は大幅カットかな?

演奏は素晴らしかったです。人柄と同じように、素朴で素直な演奏でした。でも難しいところや激しいところを何でもないようにさらりと弾いてしまう、すごいテクニックを持っていらっしゃいます。

この素直な演奏がコンクールでいい成績を収めている理由でしょう。最近は、人と違うように弾こうと個性的に弾きすぎている気がします。

美術館コンサートは無料です。ここでこのレベルの演奏をされたら、他の人は弾き難いんじゃないかな~?
ポーランドに留学される前に違う場所でコンサートを開いて欲しいです。

4列目でも全然見えなかったし・・・

先日の中川恵美里さんといい、有島京さんといい熊本出身の若い人が頑張っているのは嬉しいですね~

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック