その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
見返りの滝と旧高取邸
2010年06月12日 (土) | 編集 |
佐賀に行きました。昨年バス旅行でちょっとしか見れなかった見返りの滝をゆっくり見るために

朝早く出たおかげで、第1駐車場に停められ、シャトルバスも待つことなく乗れました

見返りの滝は唐津市の相知(おうち)町にあります。6月1日から30日まで「あじさいまつり」があってます。
見返りの滝説明
見返りの滝
今年は滝つぼの近くまで行きました。しぶきが飛んできて、マイナスイオンがいっぱい
滝の近くで
滝の上まで行けるかも?と横の遊歩道を登って行ったけど途中で行き止まりで、霊場札所と身代わり地蔵がありました。
霊場札所   身代わり地蔵
札所の横から見た滝
横から見た滝
たっぷり滝を見た後は、シャトルバスが行った道ではなく遊歩道を歩いて降りました。時間があるなら絶対こっちを歩くのをお勧めします。川のすぐ横を歩きながらだし、景色がいいです。

今年は天候がおかしいからか、残念ながらまだ満開ではありませんでした。あじさいは、山の高いところまで植えてあります。
山のあじさい
何種類あるかわからない、あじさいの1部です
あじさい1
あじさい2
あじさい3
あじさい4
せっかく佐賀まで来たので、旧高取邸を見に行きました。場所は唐津市北城内で、唐津城の近くです。書いてあるように、平成10年に国の重要文化財の指定を受けています。
旧高取邸説明
高取邸庭
旧高取邸
旧高取邸1
庭に変わった花が咲く木がありました。何て言う花でしょう?
何の木?
花のアップ
珍しい花
唐津焼きのトラ・・・なんとなくリアルです
トラ
館内は撮影禁止です。建物の内部はここに少し紹介されています⇒旧高取邸

杉戸の絵72枚は一人の画家が描いたものだそうです。ランプシェードはアールヌーボー、引戸の金具には七宝焼が施され贅の限りを尽くしてあります。部屋は30以上あり、説明を聞きながら見てまわると軽く1時間以上かかります。

案内していただいた館長さんに「同じ炭鉱王なのに、どうして伊藤伝衛門みたいに知られていないのでしょうか?」と聞いたら、「あそこは白蓮と言う付加価値があるからでしょう」と、笑いながら話されました。

私は、昨年佐賀駅の観光案内の人に聞いて旧高取邸の事を初めて知りました。もっと大々的に宣伝していいと思います。はっきり言って、伊藤伝衛門邸どころではありません。

見返りの滝のついでに「どんなところか知らないけど、行ってみようか」と軽い気持ちで行ったけど、ここは絶対お勧めです。

旧高取邸の絵など、全部の写真が載った本を作って欲しいですね~。話を聞きながら絵をざっと見て行ったけど、72枚なんて覚えていません。欄間の彫刻は全部、光で浮かび上がる絵を考えて彫ってあります。本丸御殿はほんのちょっとだけど・・・

桜や屋久杉を使ってある中、柱にガジュマルの木を使ってある部屋もあり不思議な感じがしました。

今日は見返りの滝より、旧高取邸の方に感動しました。又ゆっくり見に行きたいです。

コメント
この記事へのコメント
花の名前
この木はフェイジョアだよ。
2010/06/14(月) 09:31:38 | URL | さっちん #-[ 編集]
さっちんが花の名前知ってるのにびっくり・・・i-229いや教えてくれてありがとうe-454 ネットで見ると南米産みたいね。実は食べられるらしいけど、食べた事あるのかな? ヨーロッパに入って来たかな?くらいの時代に高取さんはすごいわe-451
2010/06/14(月) 20:54:57 | URL | コロンです #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック