その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
西本智実withリトアニア国立交響楽団
2010年06月17日 (木) | 編集 |
イケメンの・・・いやカッコイイ女性指揮者「西本智実」さんののコンサートに行ってきました
西本智美
曲目
クラシック知らなくても、CMで見た人は多いでしょう。女性から見てもカッコイイですよね~この日も会場はほぼ満席。演奏が終わってしばらくは「ブラヴォー」の声が響いていました。

演奏も切れがあって、最近疲れていたのに夢の中に行く事なく、全部聴き入りました。

シェエラザードはいいですね~全部はないにしても、ちょっとは聴いた事があるんじゃないかな?

もの悲しいヴァイオリンのメロディーの後ハープがポロロンと奏でる弾き合いが何度も出てきますが、ロマンティックなだけでなくシンバル、ドラも鳴り響く派手な曲です。西本さんの指揮にピッタリ


最後のボレロは誰もが知っていると思いますが、あの単純なメロディーが延々と続くけど飽きさせないのはラヴェルの素晴らしさか、指揮(オケ)のうまさか・・・・

弦楽器は、管楽器が吹くメロディーの間ずっと指ではじくだけ。ようやく来た出番は後半だけです。でも終わりは派手ですよね~ヴァイオリンがメロディーを弾き出すとチェロが加わり、じっと我慢の子だったシンバルとドラがばしっと決めて終わりへ

今日の選曲は疲れた私にピッタリでした。いい音楽でも気を失う?事があるけど、メリハリのある曲だったのでそんな時間は与えてくれませんでした。

今日で又西本ファンが増えたでしょう。ひとしきりの拍手が終わり、会場も明るくなってみんなが帰りかけた時、疲れていらっしゃるだろうにコンサートマスターと連れだって、何度も挨拶されました。会場の上から下まで全部見渡して・・・

今度熊本に来られても絶対行こうと思います。 疲れも吹き飛びました。

タマラ・ステファノヴィチがアンコールで弾いたのは、ドビュッシーの「8本の指のためのエチュード」でした。初めて聴いたけど、グリーッサンドがたくさんあり、面白い曲でした。

コメント
この記事へのコメント
Wonderful!
長身に燕尾服が似合って 正面からも拝見したかったですね。
たまにある コンチェルト奏者のアンコール、テクニックを もちろん
音楽性も堪能できました。
オーケストラも大地を思わせる響きで 長時間衰えもなく エネルギッシュでしたねー  またまた ファンも増えるでしょう!
2010/06/18(金) 20:49:07 | URL | ピアノ大好きA #-[ 編集]
オペラグラスを持って行けばよかったかな~思いつかなかったわ

ほんと迫力ある演奏で、素晴らしかったですねe-257 今回の演奏のCDが売ってあったら買ったけどなかったものね~
2010/06/19(土) 20:58:51 | URL | コロンです #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック