その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
「関之尾滝」と「霧島神宮」
2010年07月20日 (火) | 編集 |
何を見てか「霧島神宮に行きたい!」と思い、母の運転で行きました。人吉から高速で高原で降りたら一番早いかもと行ったけど、がけ崩れでまさかの全面通行止めでした。交通整理のおじさんが無常にも「あっち行け」と言うポーズ。迂回路の説明もありません。

今回も下調べもせず急に行ったのでこうしたもんです でも、これが神様のお導きだったのです。

何人かの人に聞き、随分車を走らせると そこは宮崎の都城らしく「関之尾滝」がありました。

見覚えのある顔が覗いてますね~又今年も葵ちゃんが帰国してました。
都城
関之尾滝の説明
増水の危険があるので、残念ながら展望所からしか見れませんでした。でもすごい迫力で、今まで見た中では一番です。ちっちゃなナイアガラみたい
関之尾滝
水が引いたら写真のつり橋も渡れます。ここからみたらもっとすごいでしょうね~。
吊り橋と関之尾滝
この滝には悲しい物語が伝わっています。ここは又ゆっくり来て、物語の女滝、男滝と甌穴群も見たいです。
物語
回り道しなければ行かなかった所です。神様に感謝<(_ _)>

さて、本当の目的の霧島神宮へ。ここから30分くらいでしょうか・・・霧島神宮は鹿児島県にあり、天孫降臨 迩迩芸命(ニニギノミコト)を祀る神社です。

時折すごい雨が降る中、たくさんの人が参拝に訪れていました。私たちが参拝する時は当然?降ってなかったけど
さざれ石 (2)  さざれ石
境内に入ると右手にさざれ石があります。説明を写真に撮るのを忘れていました。何て書いてあったものやら?

御神木説明
              すごく大きくて高かったです。
御神木.
手水舎(てみずや)の水盤・・・苔だらけで年季を感じます
手水舎
霧島神宮・・・遠くから見ても豪華ですね~
霧島神社
拝殿上の彫刻
神殿アップ
拝殿左上・・・象のような彫刻は高千穂神社にもありました。
拝殿右
拝殿右上・・・それにしても綺麗な彫刻です。
拝殿左
後で知ったけど、ここは坂本龍馬がお龍と新婚旅行に訪れた神社だそうです。どうりで参拝客も多いはず・・・

今、龍馬伝は長崎が舞台になっているけど、鹿児島も出てくるかも。せっかく鹿児島で傷が治ったのに、京に戻らなければよかったのにね~

龍馬が私を呼んだのかな??


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/19(火) 12:49:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック