その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
「吉岡功治写真展」
2010年08月16日 (月) | 編集 |
母のデジカメの先生、吉岡功治さんの写真展「川辺川と九州の源流」が、人吉・森のホールであっています。

先日熊日に載っていて、今月末までなので行こうと思っていました。新聞には母もちゃっかり写っていました。その後の観光案内の記事にも・・・県南の記事は要注意?です

写真展案内
「これ写真?」「油絵じゃ?」と思えるほど、すごい写真がいっぱい展示されていました。大きさはこのテーブルで比べて下さい。何号かわからないので・・・
会場内
どうやったらこんな写真が撮れるのでしょう?
菊池渓谷
季節はいつで、何時に行ったらこんな色が見れるんでしょう?
菊池渓谷2
アップした3枚は菊池渓谷です。下の場所には見覚えがありますが、この朝日がさした風景は限られた時間でないと見rないものです。
菊池渓谷3
絵はがきや写真集の販売もしてありました。私は母が買った絵はがきから朝日がさした写真と、紅葉の時期の渓谷の写真を分けてもらいました。100均で額買って飾らなきゃ

絵ハガキ
母も先生と一緒に、泊まりで菊池渓谷に行って写真を撮っています。今は案内より写真にどっぷりはまっているようです。

どれも素晴らしい写真でしたが、光で写りが悪くアップしてない中に川の中に、1ヶ所赤い物が写っているのがありました。よく見ると椿です たくさん流れてくる中、一つだけになった時を狙って写されたようです。それが、絶妙なアクセントで効いています。さすがプロです。

後、五木の名もなき滝を写された写真も素敵でした。普通だと水量が少なく半分くらいらしいのですが、雨で増水した数日後に、水量たっぷりな滝を写されています。

何度も同じ場所に行って、この季節のこの時間がいいと思って撮影に行かれているのでしょうね。31日までなので、人吉在住の人はもちろん、これから人吉に行こうと思っている方は是非見に行って下さい。

癒されますよ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック