FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
感動するピアノとは?
2010年10月03日 (日) | 編集 |
金曜に「佐々木正嘉ピアノコンサート」に行き、今日は水上裕子さんのピアノとトークを聞きに行きました。金曜は金スマでフジ子・ヘミングさんが出ていましたよね。こちらは録画して観ました。

遊びばかりではありません!芸術の秋も満喫しています。

まず、佐々木正嘉さんですが、テクニック的には止まったり間違ったりのミスが多かったけど、味のある演奏でした・・・昔習った事もあるので身内的に 

もうすぐ67歳になられますが、やっぱり男性は違うな~と思いました。骨格が女性と違うからでしょう。タッチのせいか音が違います。これは小さい子でも

フジ子・ヘミングさんは演奏会を聴きに行った事もあるし、半生はNHKでも観ました。金スマでは時間の関係か、1曲全部が聴けなかったのが残念です。別れの曲もみんなが知っている部分だけ上手につなぎ合わせて、難しい部分はカットしてあったし・・・

私的には、彼女の演奏は小さいホールで聴きたいです・・・息遣いが聞こえるくらいの
集客力があるからでしょうが、大ホールだと大曲は物足りなかったし 感動しませんでした。

若い頃はすごいテクニックだったのでしょうが、長いブランクもあるし今はテクニックは随分落ちていらっしゃるようです。

でも、テクニックが素晴らしくても感動するものではありません。大曲でないのを弾かれたらいいと思います。

すごい人生を歩んで来られたからでしょう。彼女のピアノには、たくさんの経験から出てくるのか?何かがあるみたいです。

聴く人が涙するのは理屈じゃありません。

これは、練習して出来るものではないからすごい事です。

そして、今日の水上裕子さん

弾かれたのは自作の数曲だったけど、トークは上手だし、自分の作った曲なので感情が入っていて感動しました。フジ子さん並の波乱万丈の人生を歩んで来られています。そのうちテレビで取り上げられるかも

自作のピアノは、単純なメロディーでしたが、とても綺麗な旋律でした。中国でも活躍なさっているみたいなので、今こじれている日中関係のかけ橋になっていただけたらいいけど・・・

トークと演奏に感動したのでCDを買いました。お客さんが殺到して、持って来られたCDが完売し、予約して帰る人もいました。
水上裕子
今度は、彼女の弾くクラシック曲を聴きたいです

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック