その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
題名のない音楽会
2010年12月12日 (日) | 編集 |
毎週日曜の9時半にテレビ朝日で「題名のない音楽会」が放送されていますが、出かけている事が多いので、中々観る事がありません。

今日も例の?順番待ちに並んでいたので観てなかったけど、あの葉加瀬太郎さんだったので録画していました

葉加瀬さんのコンサートに行った事がない人は「葉加瀬さんてこんなに面白かったの?」と驚いたかも

マンガのお茶の水博士そっくりのカツラと白衣を付け、笛を吹きながら音程の狂った?マーチでの登場です。

研究テーマは「ちょい足し」で、いろんな曲に何かを足して違う曲にするというものでした。

秘書役の西村由起恵さんも、こんな一面もあったの?というくらいピッタリでした。彼女作曲のピアノしか聴いた事なかったけど、一部とは言え ポロネーズや革命を聴けたので良かったです

エトピリカがポロネーズになったり、単調の曲になったりと、笑いの中に音楽の素晴らしさを感じました。

毎週静かに観ていた人達も、今日は大笑いした事でしょう。

コンサートと同じで、とても高度なお笑いでした

ただ違う感じになるだけじゃなく、いろんな曲を取り入れながらですからね~

西村さんの音楽クロスカップリングでは、ピアノで「少年時代」⇒「革命」⇒「第3の男」⇒「月光」⇒「また君に恋してる」⇒「別れの曲」⇒これにヴァイオリンで「大きな古時計」、「千の風になって」を重ねて⇒「少年時代」で終わりました。

すごいですね~今日出演の人はみなさん作曲、編曲も出来る才能溢れる方達です。

この人達がお笑いもやっちゃうんじゃ、もう役者もお手上げですね。

カップリングでは、葉加瀬さんの幼少の頃やクライズラー&カンパニーの頃の写真が出ました。

笑っちゃうのは、ハカセ「革命」成功の“美酒”に酔いしれ このような体形にとテロップを入れ

今の写真を出した事

私はクライズラー&カンパニーの時の葉加瀬さんを知らないので、以前からあの体形だと思っていました。

高田さんは、葉加瀬さんの人柄と才能に惚れたんだと・・・

昔はほっそりしてなかなかのハンサムでした。「あれならね~」と勝手に納得 

今日の放送は反響が大きかったはずです。シリーズ化されてほしいです


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック