その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
鳥越地区のギャラリー
2011年01月25日 (火) | 編集 |
前回行っていない所に行こうと鳥越地区に行きました ここにはたくさんのギャラリーがあります。場所がわからず金鱗湖近くに車を停め、駐車場の人に地図をもらって聞くと

「歩いて15分くらいでしょう」と言われました。運動になるしと歩きだしたのはいいけど・・・

ずっと坂道です いくらカロリー消費には坂道がいいと言っても、脈拍は120以上になったのではないかと思うくらい歩きました。

この地域を見たい人は、まず鳥越に車で行ってからメインストリートに行った方がいいでしょう。(どこでも駐車場があるみたい)

最初に行ったのは「わたくし美術館&ギャラリーユージーン」です。入口見ただけで面白い物がありそう~
わたくし美術館

館内は靴を脱いで入ります。色々な国の雑貨?や作品がたくさん展示されています。珍しい段ボールで作った靴がありました。
段ボールのくつ

ここに行きたかったのは、珍しい万華鏡があると書いてあったから。矢印の万華鏡は一見普通の万華鏡のように見えますが、紫外線で模様が変わると言う日本でも数少ない品物です。太陽に向けて見ます。

同じ模様は2度と見れないそうです。写真に撮ろうと思ったけど無理でした。2度と見れないと言う言葉に、暫く見入っていました。

昨年言った「湯布院美術館」にもたくさんの万華鏡がありましたが、これは置いてありませんでした。
色々な万華鏡

万華鏡の中でもこれはすごかったです ようやく撮れたけど、実際はこんなものじゃありません。
宝石の万華鏡    万華鏡の模様

何がすごいかと言うと、中に宝石が入っていて全部で21カラットだそうです。宝石が落ちて行く様子を見るのですが、女性はうっとりする事間違いなし 金額は100万円

2階にも作品が展示されています。韓国の本に紹介されているとかで、韓国からのお客さんも多いそうです。
紹介文

石川さん(オーナーの息子さん)は、自分で韓国語を勉強して、簡単な会話は出来るそうです。すごい!!

知識が豊富な方で、日本人のルーツや歴史、韓国の話など色々お話してくださいました。無知なので勉強になりました。

住所 由布市湯布院町川上鳥越1266-8
電話 0977-84-2961
開館時間 9:00~17:00
入館料 大人300円、中高生200円、小学生100円
休み なし 

ちょっと歩いたら「ギャラリー夢二山荘」というのがありました。3年前に出来たそうです。
竹久夢二
竹久夢二。
夢二の作品の他に有名、無名な作家の絵や作品も展示されていました。どこかで展示会がある時は、ここの作品を貸し出す事もあるそうです。小国で見た「坂本善三美術館」であった竹久夢二展のはここからではないそうです。

とても感じのいい女性の方が、お茶とお菓子を出されました。夢二の事は良く知りませんが、この人の絵は好きです。阿蘇で買ったのはどこに直しているのやら・・・ここでもポストカードやメモ帳、風呂敷を購入。マグカップも気になったけど荷物になるから・・・
P1050898.jpg
ここの住所はちとわかりません<(_ _)> 入場料はいりません。

後一つギャラリーを見て、メインスストリートに戻りました。戻りは下りだったので早く感じましたが、時間はもう13時。金鱗湖に着いたのは10時半だったのに・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック