FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
小楠と矢嶋家
2011年02月12日 (土) | 編集 |
横井小楠の命日(新暦の2月15日)に近い今日、横井小楠記念館で「小楠と矢嶋家」について講演がありました。

この写真は記念館の裏の入り口
記念館入口

今日は、小楠の門下生「矢嶋源助」についての話が主でした。源助さんの一生もドラマになるようなエピソードがたくさんありました。

矢嶋家は武士ではなく惣症屋だったそうです。長男源助は小楠の門下生で、四女久は徳富蘇峰・蘆花の母です。

五女津勢は小楠の後妻になりました。熊本の歴史を語る上では重要な家系のようです。

前回と2回聞いて、少しは小楠についてわかりましたが まだまだです。

記念館に小楠のマンガが描いてありました。エピソードが面白く紹介してあります。

これ「龍馬伝」でも、自分の言葉として言ってましたよね
小楠と龍馬
海舟と小楠
松平春ごくと小楠

こういう思想が気に入らなくて暗殺されたのでしょうか?
鎖国は時代遅れ

この時、切られた人も小楠と同じ罰を受けたというからかわいそう~
一度目の暗殺で

綺麗な色の九谷焼の盃ですね。茶碗も小楠が使っていた物です。
蓋付茶碗    九谷焼の杯
2階にはこんな展示物も
暗殺の瞬間
本当にこんなにリアルにわかるんでしょうかね~?
暗殺の様子の人形

熊本県人としては、大河ドラマまではなくても、是非ドラマにで取り上げて欲しいです。

今日の記念すべき日に、わたくしは静かに戸籍年齢?が一つ増えました

あ~あ・・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック